記事ID : 7682
研究用

β-Galactosidase 活性を高感度に検出lacZ β-ガラクトシダーゼ活性測定キット(FACS Blue/in vivo)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

哺乳類細胞/酵母/細菌/植物細胞におけるβ-ガラクトシダーゼ活性を高感度に検出できるキットです。
フローサイトメトリーによる解析にご使用いただけます。

[関連商品]

背景

lacZ (β-ガラクトシダーゼをコードする遺伝子)

分子生物学のアプリケーションで一般的に使用されるレポーター遺伝子の一つとして、大腸菌(E.coli)の lacZ 遺伝子があります。lacZ 遺伝子は、in vivo における βガラクトシダーゼ 活性サブユニットをコードします。βガラクトシダーゼ酵素は、通常、哺乳動物、酵母、バクテリア、さらに、植物細胞には存在しないため、非常に低いレベルでも検出することができます。βガラクトシダーゼ酵素はまた、lacZ 発現のモニタリング(すなわち、共発現した遺伝子やプロモーターの活性のモニタリング)のための広い基質特異性を有していて、FACS分析では細胞あたりわずか5コピーのβガラクトシダーゼまで検出できます。

β-ガラクトシダーゼ活性(X-Gal)の発色アッセイと比較して、蛍光基質であるFDG(fluorescein di-β-D-galactopyranoside)と蛍光顕微鏡解析(共焦点顕微鏡)とを組み合わせると、数倍高感度な結果が得られます。FDG基質を用いると検出感度が向上するため、自動化されたELISAアッセイ系で広く使用されています。

また、蛍光基質であるCUG(3-carboxyumbelliferyl β-D-galactopyranoside)とFACS(Fluorescence Activated Cell Sorting)解析とを組み合わせることでも、数倍高感度な結果が得られます。CUG基質は、水溶性が高く高感度なことから、自動化されたELISAアッセイ系で広く使用されています。

使用目的

MarkerGene™ in vivo lacZ β-Galactosidase Intracellular Detection Kit(品番:M0259)

β-ガラクトシダーゼアナログである蛍光基質 FDG(fluorescein di-β-D-galactopyranoside)を使用。
lacZ+ 細胞と lacZ- 細胞とを高感度に識別できます。

MarkerGene™ FACS Fluorescent Blue lacZ β-Galactosidase Detection Kit(品番:M0255)

蛍光基質 CUG(3-carboxyumbelliferyl β-D-galactopyranoside)を使用、FACS(Fluorescence Activated Cell Sorting)による解析に。
短波長(青色蛍光)で、eGFP / RFP アッセイと併用可能です。
緑色蛍光(fluorescein、GFP)による標識との二重染色に特に有用です。

特長

測定波長

品番M0259: Ex/Em = 490/514nm
品番M0255: Ex/Em = 390/460nm

構成内容

  • Fluorescent substrate reagent
  • Reference standard
  • Inhibitor

lacZ β-ガラクトシダーゼ活性測定キット(FACS Blue/in vivo)

• MarkerGene™ in vivo lacZ β-Galactosidase Intracellular Detection Kit

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
MarkerGeneTM in vivo lacZ β-Galactosidase Intracellular Detection Kit詳細データ MGT M0259 1 KIT
[250 assay]
¥77,000

• MarkerGene™ FACS Fluorescent Blue lacZ β-Galactosidase Detection Kit

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
MarkerGeneTM FACS Fluorescent Blue lacZ β-Galactosidase Detection Kit詳細データ MGT M0255 1 KIT
[500 assay]
¥77,000

製品使用文献

MarkerGene™ in vivo lacZ β-Galactosidase Intracellular Detection Kit(品番: M0259)

  1. Zhulyn O, Nieuwenhuis E, Liu YC, Angers S, Hui CC. (2015) "Ptch2 shares overlapping functions with Ptch1 in Smo regulation and limb development." Dev Biol. 397(2):191-202.
  2. Akita H, Ito R, Kamiya H, Kogure K, Harashima H. (2007) "Cell cycle dependent transcription, a determinant factor of heterogeneity in cationic lipid-mediated transgene expression." J Gene Med. 9(3):197-207.
  3. Zeisberg EM, Tarnavski O, Zeisberg M, Dorfman AL, McMullen JR, Gustafsson E, Chandraker A, Yuan X, Pu WT, Roberts AB, Neilson EG, Sayegh MH, Izumo S, Kalluri R. (2007) "Endothelial-to-mesenchymal transition contributes to cardiac fibrosis." Nature Medicine 13: 952-961.
  4. Akita H, Ito R, Kamiya H, Kogure K, Harashima H. (2007) "Cell cycle dependent transcription, a determinant factor of heterogeneity in cationic lipid-mediated transgene expression." The Journal of Gene Medicine, 9(3): 197-207.
  5. Kawashita Y, Ohtsuru A, Fujioka H, Kamohara Y, Kawazoe Y, Sugiyama N, Eguchi S, Kuroda H, Furui J, Yamashita S, Kaneda Y, Kanematsu T. (2000) "Safe and efficient gene transfer into porcine hepatocytes using Sendai virus-cationic liposomes for bioartificial liver support." Artif Organs. 24(12):932-8.

MarkerGene™ FACS Fluorescent Blue lacZ β-Galactosidase Detection Kit(品番: M0255)

  1. Jan TA, Jansson L, Atkinson PJ, Wang T, Cheng AG (2016) Profiling Specific Inner Ear Cell Types Using Cell Sorting Techniques. ed Sokolowski B (Springer New York, New York, NY), p 431.
  2. Jan TA, Chai R, Sayyid ZN, Cheng AG. (2011) "Isolating LacZ-expressing cells from mouse inner ear tissues using flow cytometry." J. Vis. Exp. (58) e3432.
  3. Kalani MYS, Cheshier SH, Cord BJ, Bababeygy SR, Vogel H, Weissman IL, Palmer TD, Nusse R. (2008) “Wnt-mediated self-renewal of neural stem/progenitor cells.” Proc Natl Acad Sci U S A. 105(44): 16970?16975.
  4. Heidkamp MC, Scully BT, Vijayan K, Engman SJ, Szotek EL, Samarel AM. (2005) "PYK2 regulates SERCA2 gene expression in neonatal rat ventricular myocytes." Am J Physiol Cell Physiol. 289(2):C471-82.

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「lacZ β-ガラクトシダーゼ活性測定キット(FACS Blue/in vivo)」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO