商品情報

記事ID : 16701
研究用

マウス脳微小血管を簡便かつ高効率で分離可能マウス脳微小血管分離キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

本キットは、マウスの脳サンプルから微小血管を分離するためのキットです。
簡便なプロトコールで、かつ高収量が期待できます。

特長

  • 簡便なプロトコールかつ高収量
  • 組織をすり潰す乳棒(再使用可能)が付属

構成内容

  • 溶液A
  • 溶液B
  • 乳棒
  • ストレーナー1
  • ストレーナー2

プロトコール

マウスの脳(半分または全量)を1サンプル使用する場合
サンプルの前処理
1. 溶液Aと溶液Bを氷上で冷やします。
2. 採取したマウスの脳を1X PBSで洗浄し、組織屑を除去します。
大脳皮質、海馬、線条体を切り出し、60 mm Falcon® ペトリ皿(Corning社 品番:353004)上で8 mL の溶液Aに浸します。
3. ペトリ皿を解剖顕微鏡下に置き、素早く髄膜を取り除きます。
組織ホモジネートの調製
4. 組織のみを1.5 mL マイクロ遠心チューブに移します。
氷上もしくは冷蔵室にて、付属の乳棒でチューブ内の組織をホモジェナイズします。

4.1 組織を十分にすり潰します(100回程度)
4.2 0.2 mL の溶液Aを添加し、さらにすり潰します(200回程度)
4.3 0.2 mL の溶液Aを添加し、さらにすり潰します(100回程度)
脂質層の分離・除去
5. 5 mL の溶液Bを50 mL 遠心チューブに分注し、氷上で冷やします。
6. 4.で調製したホモジネートを、5.の50 mL 遠心チューブに移します。
0.4 mL の溶液Aで1.5 mL マイクロ遠心チューブを洗浄し、溶液を50 mL 遠心チューブに回収します。
洗浄-回収の工程をさらに3回繰り返します。
50 mL 遠心チューブ内の液量は、7 mL(0.2 mL + 0.2 mL + 5 mL + 0.4 mL x 4)になります。
7. 同じ50 mL 遠心チューブにさらに3 mLの溶液Aを添加します。
ボルテックスでよく混合し、4℃にて4,000 rpmで10分間遠心します。
8. 50 mL 遠心チューブ内の一番上の脂質層を、1 mL ピペットチップで慎重に取り除きます。
脂質層を取り除くと、50 mL 遠心チューブ内のホモジネートは7-7.5 mL残ります。
9. 残ったホモジネートと同量の溶液Aを50 mL 遠心チューブに添加します。
ボルテックスして混合し、4℃にて4,000 rpmで10分間遠心します。
微小血管の回収
10. 上清を取り除いた後、ペレットに2 mL の溶液Aを添加しピペッティングにより再懸濁します。
11. 新しい50 mL遠心チューブにストレーナー1をセットし、10.で調製した懸濁液をストレーナー1に通しろ液を回収します。
12. 別の容器にストレーナー2をセットし、11.で回収したろ液をストレーナー2に通します。
マウス脳微小血管はストレーナー2に回収されます。
13. ストレーナー2を0.75 mL の溶液Aで洗浄します。
微小血管のロスを最小限にするために、洗浄はむらがないよう丁寧に行ってください。
14. ストレーナー2を逆さまにして、35 mm 培養皿(Corning社 品番:430165)にセットします。
1.5 mL 溶液Aでストレーナー2に回収された微小血管を洗い落とします。

マウス脳微小血管分離キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Mouse Brain Microvessel Isolation Kit詳細データ OBL P750-4 4 RXN
¥272,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO