商品情報

記事ID : 13860
研究用

PAK1(PAKalpha, MGC130000, MGC130001) Active KinasePAK1 活性型キナーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 「SignalChem社 活性型 キナーゼ」トップへ

PAK1は細胞形態、運動性および形質転換の制御に関与すると考えられているp21活性化キナーゼ(PAKs)のメンバーである。これらのセリンスレオニンキナーゼは低分子量GTPasesのCDC42およびRACに活性化され、またこれらの作動体である。PAK1は、PAK2やPAK3とともに1群PAKsに属する。PAK1はアクチン細胞骨格、接着および細胞運動性の主要な調節因子である。不活性型の二量体PAK1は主に細胞質に存在し、活性化因子のCdc42-GTPやRac1-GTPとの相互作用によりキナーゼの細胞突起部位を刺激することで細胞外マトリックスと接着する。

PAK1 キナーゼ・関連製品対応表

活性型キナーゼ ペプチド基質 タンパク質基質 抗体 阻害剤
品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番
PAK1, Active    P02-10BG    PAKtide           P08-58                         Anti-PAK1    P02-63R   

Apigenin

K252A

K252B

Staurosporine

K10-900C

K10-900D

K10-900E

K10-900

PAK1/CDC42, Active     P02-10G    

Anti-PAK1

Anti-CDC42   

P02-63R

C08-363R   

Apigenin

K252A

K252B

Staurosporine

MLS-573151

K10-900C

K10-900D

K10-900E

K10-900

C08-909

PAK1 活性型キナーゼ

PAK1(PAKalpha, MGC130000, MGC130001) Active Kinase

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PAK1, Active, Human詳細データ SCP P02-10BG 10 UG
¥72,000
PAK1, Active, Human詳細データ SCP P02-10BG 5 UG
¥50,000
PAK1/CDC42, Active, Human詳細データ SCP P02-10G 10 UG
¥145,000
PAK1/CDC42, Active, Human詳細データ SCP P02-10G 5 UG
¥96,000

PAK1 キナーゼ/種由来・タグ・発現系詳細

品番 品名 種由来 タグ 発現系 配列
P02-10BG PAK1, Active Human GST (N-term) Sf9 Full Length
P02-10G PAK1/CDC42, Active Human GST (N-term) Sf9 Full Length

ペプチド基質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PAKtide詳細データ SCP P08-58 1 MG
¥19,000

抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti PAK1, Human (Rabbit) 詳細データ SCP P02-63R 100 UG
¥77,000
Anti CDC42, Human (Rabbit) 詳細データ SCP C08-363R 100 UG
¥72,000

阻害剤

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Apigenin詳細データ SCP K10-900C 50 MG
¥33,000
K252A詳細データ SCP K10-900D 1 MG
¥113,000
K252B詳細データ SCP K10-900E 1 MG
¥113,000
Staurosporine詳細データ SCP K10-900 1 MG
¥101,000
MLS-573151詳細データ SCP C08-909 25 MG
¥87,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO