商品情報

Rockland社と MD Anderson Cancer Center が共同で開発した、特異性の高いPARP1[ポリ(ADPリボース)ポリメラーゼ-1]ポリクローナル抗体です。siRNA によるノックダウンを行った細胞ライセート(およびコントロール)を用いて、複数のイムノアッセイで検証済みです。

本抗体は特異性が高く、最適化された方法で使用することにより、他の17種類のPARPファミリーから、PARP1を特異的かつ定量的に識別することが可能です。

PARP1は、クロマチンに結合するADPリボシル化酵素で、心臓リモデリング、血管収縮、アストロサイトおよびミクログリアの機能調節、長期記憶、老化、転写制御、DNA修復などの様々な細胞機能に重要な役割を果たしています。

背景

PARP1[Poly (ADP-ribose) polymerase-1]

PARP1[Poly (ADP-ribose) polymerase-1]は、ポリ(ADPリボース)ポリメラーゼファミリーの主要なメンバーで、ポリADPリボシル化によりDNA損傷シグナルを活性化する(および、修復タンパク質をリクルートする)機能を有します。また、PARP1は、アポトーシス、ネクローシス、オートファジー、パータナトス(parthanatos)など、複数の細胞死経路に関与します。パータナトスは、比較的最近報告された新しい形態の細胞死です。

また、PARP1は、細胞死プログラムのバランス(オートファジーとネクローシス)をシフトさせることにより、組織の生存を促進します。DNA修復機構の異常による癌は、PARP阻害剤に対して脆弱性を示すことが臨床研究で示されています。

使用目的

本抗体は、DNA損傷、転写制御、幹細胞の識別などの細胞プロセス研究に有用です。

PARP1抗体 ラインアップ

PARP1(N末端 ZF1)抗体

免疫動物 ウサギ
タイプ ポリクローナル
適用 ウェスタンブロット 1:1000
性状 液体(フィルター滅菌済み)
アイソタイプ IgG
標識 なし
濃度 1.0 mg/mL (280 nm の吸光度から算出)
バッファー 0.02 M リン酸カリウム、0.15 M 塩化ナトリウム, pH 7.2
0.01% (w/v) アジ化ナトリウム
精製 単特異性抗血清を Protein A を固定化したアガロースビーズを用いて
免疫アフィニティークロマトグラフィーで精製
特異性 ヒトPARP1タンパク質に特異的
抗原 ヒトPARP1 zinc finger ドメイン(N末端)リコンビナントタンパク質

[使用例]

図1 本抗体を用いた Peggy Sue™ キャピラリー電気泳動
(画像はクリックで拡大されます)

図1 本抗体を用いた Peggy Sue™ キャピラリー電気泳動
UV固定化時間: 250秒
一次抗体濃度: 20µg/mL
一次抗体インキュベーション時間: 180 分
露光時間: マルチ画像解析
画像のご提供: Phil Lorenzi (MD Anderson Cancer Center)

 

 

図2 本抗体を用いた内在性 PARP1 のウェスタンブロット
(画像はクリックで拡大されます)

図2 本抗体を用いた内在性 PARP1 のウェスタンブロット
レーン1: OVCAR8 野生型ライセート
レーン2: OVCAR8 PARP1 KO ライセート
ローディング量: 5μg/レーン
一次抗体: 1µg/mL の本抗体を用いて 4℃・オーバーナイトでインキュベート
二次抗体: 1:40,000 で希釈した HRP Gt-a-Rb IgG を用いて室温で30分間インキュベート
ブロッキング: MB-070 を用いて 4℃・オーバーナイト
予測/観察されるサイズ: 113 kDa(内在性PARP1)
その他のバンド: なし
画像は Phil Lorenzi (MD Anderson Cancer Center) とのコラボレーションによる

 

 

図3 本抗体を用いたリコンビナントPARP1のウェスタンブロット
(画像はクリックで拡大されます)

図3 本抗体を用いたリコンビナントPARP1のウェスタンブロット
レーン1: PARP1-Zinc Finger ドメイン リコンビナントタンパク質
ローディング量: 0.05 µg/レーン
一次抗体: 1µg/mL の本抗体を用いて 4℃・オーバーナイトでインキュベート
二次抗体: 1:40,000 で希釈した HRP Gt-a-Rb IgG を用いて室温で30分間インキュベート
ブロッキング: MB-070 を用いて 4℃・オーバーナイト
予測/観察されるサイズ: 13 kDa[rPARP1(N末端 ZF1)]
その他のバンド: なし

 
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti PARP1 (N-term ZF1), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ RKL 200-401-GM8S 25 UL
¥21,000
Anti PARP1 (N-term ZF1), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ RKL 200-401-GM8 100 UG
¥71,000
pagetop

PARP1(内在性)抗体

免疫動物 ウサギ
タイプ ポリクローナル
適用 ウェスタンブロット 1:1000
性状 液体(フィルター滅菌済み)
アイソタイプ IgG
標識 なし
濃度 1.0 mg/mL (280 nm の吸光度から算出)
バッファー 0.02 M リン酸カリウム、0.15 M 塩化ナトリウム, pH 7.2
0.01% (w/v) アジ化ナトリウム
精製 単特異性抗血清を Protein A を固定化したアガロースビーズを用いて
免疫アフィニティークロマトグラフィーで精製
特異性 ヒトPARP1タンパク質に特異的
抗原 ヒトPARP1触媒ドメイン(C末端)リコンビナントタンパク質

[使用例]

図1 本抗体を用いた Peggy Sue™ キャピラリー電気泳動
(画像はクリックで拡大されます)

図1 本抗体を用いた Peggy Sue™ キャピラリー電気泳動
UV固定化時間: 250秒
一次抗体濃度: 20µg/mL
一次抗体インキュベーション時間: 180 分
露光時間: 10秒
画像のご提供: Phil Lorenzi (MD Anderson Cancer Center)

 

 

図2 本抗体を用いたウェスタンブロット
(画像はクリックで拡大されます)

図2 本抗体を用いたウェスタンブロット
レーン1: 野生型コントロール
レーン2: ノックアウト
ローディング量: 5μg/レーン
一次抗体: 1:1000 で希釈した本抗体を用いて 4℃・オーバーナイトでインキュベート
二次抗体: 1:40,000 で希釈した HRP Gt-a-Rb IgG を用いて室温で30分間インキュベート
ブロッキング: MB-070 を用いて 4℃・オーバーナイト
予測/観察されるサイズ: 113 kDa(内在性PARP1)
その他のバンド: なし
画像は Phil Lorenzi (MD Anderson Cancer Center) とのコラボレーションによる

 

 

図3 本抗体を用いたリコンビナントPARP1のウェスタンブロット
(画像はクリックで拡大されます)

図3 本抗体を用いたリコンビナントPARP1のウェスタンブロット
レーン1: PARP1 触媒ドメイン リコンビナントタンパク質
ローディング量: 0.05 µg/レーン
一次抗体: 1µg/mL の本抗体を用いて 4℃・オーバーナイトでインキュベート
二次抗体: 1:40,000 で希釈した HRP Gt-a-Rb IgG を用いて室温で30分間インキュベート
ブロッキング: MB-070 を用いて 4℃・オーバーナイト
予測/観察されるサイズ: 〜19 kDa[rPARP1(内在性)]
その他のバンド: なし

 
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti PARP1 (internal), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ RKL 200-401-X51S 25 UL
¥21,000
Anti PARP1 (internal), Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ RKL 200-401-X51 100 UG
¥71,000
pagetop

PARP1(N末端 ZF1)コントロールタンパク質

PARP1(N末端 ZF1)抗体(品番: 200-401-GM8)を用いた免疫アッセイのコントロールとして適しています。

  E. coli で発現させた N末端 His タグ リコンビナントタンパク質
(ヒトPARP1 zinc finger ドメインに相当)
性状 液体(フィルター滅菌済み)
標識 なし
濃度 1.0 mg/mL [ローリー法(変法)で測定]
バッファー 0.02 M リン酸カリウム、0.15 M 塩化ナトリウム, pH 7.2
0.01% (w/v) アジ化ナトリウム、10% (v/v) グリセロール
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PARP1 (N-term ZF1) Control Protein, Human詳細データ RKL 009-001-GM8 25 UG
¥17,000
pagetop

PARP1(内在性)コントロールタンパク質

PARP1(内在性)抗体(品番: 200-401-X51)を用いた免疫アッセイのコントロールとして適しています。

  E. coli で発現させた N末端 His タグ リコンビナントタンパク質
[ヒトPARP1 触媒ドメイン、Breast Cancer Suppressor Protein(BRCA1)、カルボキシ末端ドメインを含む]
性状 液体(フィルター滅菌済み)
標識 なし
濃度 1.0 mg/mL [ローリー法(変法)で測定]
バッファー 0.02 M リン酸カリウム、0.15 M 塩化ナトリウム, pH 7.2
0.01% (w/v) アジ化ナトリウム、10% (v/v) グリセロール
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PARP1 (internal) Control Protein, Human詳細データ RKL 009-001-X51 25 UG
¥17,000
pagetop

PARP1(N末端 ZF1)抗体セット

[構成内容]

  • 一次抗体: PARP1(N末端 ZF1)抗体
  • 二次抗体
  • コントロールタンパク質
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PARP1 (N-term ZF1) Antibody Set, Human (Rabbit) 詳細データ RKL KCC-GM8 1 SET
¥47,000
pagetop

PARP1(内在性)抗体 コンボパック

[構成内容]

  • 一次抗体: PARP1(内在性)抗体
  • 二次抗体
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PARP1 (internal) Antibody Combo Pack, Human (Rabbit) 詳細データ RKL K-X51 1 PACK
¥31,000
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO