• ホーム
  • 商品情報
  • PathHunter® Checkpoint Signaling Assays DiscoverX社:免疫チェックポイント阻害剤のプロファイリング

商品情報

記事ID : 34099
研究用

免疫チェックポイント阻害剤のプロファイリングPathHunter® Checkpoint Signaling Assays
DiscoverX社:免疫チェックポイント阻害剤のプロファイリング

DiscoverX社:免疫チェックポイント阻害剤のプロファイリング" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

がん細胞は T細胞の免疫機能を抑制することで自身の増殖能を高めることが知られており、その抑制機構の一つとして T細胞の PD-1 とがん細胞の PD-L1 との結合を介したシグナル伝達(免疫チェックポイント)が知られています。近年、この免疫チェックポイント分子の結合を阻害する薬剤は、がん免疫療法治療薬の候補として注目が集まっています。免疫チェックポイント阻害剤の主な評価系は初代培養細胞使用したアッセイ系ですが、生細胞の個体差やアッセイ系構築に時間がかる等、スループット性が低いという問題点を抱えています。

Eurofins DiscoverX 社の PathHunter® Checkpoint Signaling Assays は、構築済みの細胞を使用することで免疫チェックポイントに対する薬効を簡便に評価でき、免疫チェックポイント阻害薬研究の迅速化に貢献します。

特長

  • 初代培養細胞を使用しない、細胞播種後に試薬を添加するだけの簡便なプロトコル(Fig.2)
  • 既存の医薬品や抗体でバリデーション済み(Fig.3)
  • スクリーニングからlead optimization、QCまで幅広く対応可能
  • 高感度(Fig.4)

原理

測定原理

Fig.1 PathHunter® PD-1 Signaling Assay原理
(A) PathHunter® PD-1 Signaling Assay では、PD-1受容体の C末端にβ-ガラクトシダーゼの断片の一つ (ED;Enzyme Donor) を融合したタンパク質と、SHP1 にβガラクトシダーゼのもう一つの断片 (EA;Enzyme Acceptor) を融合したタンパク質の 2種類を Jurkat細胞に、PD-L1 または PD-L2 を U2OS細胞に強制発現させている。これらの細胞を共培養すると PD-1 と PD-L1 が結合し、PD-1 に SHP1 がリクルートされ、空間的に近接した ED と EA が結合する。その結果βガラクトシダーゼが再構成され、基質を加えることにより化学発光で検出可能となる。(B) チェックポイント阻害剤を添加すると PD-1 と PD-L1 の結合が阻害され、SHP1 はリクルートされないため、βガラクトシダーゼの断片同士は解離し、基質添加時の発光値が低下する。この発光値の低下から、サンプルの PD-1 と PD-L1 間の結合阻害活性を評価する。

 

プロトコル

プロトコル

Fig.2 簡便なプロトコル
細胞播種後、サンプルおよび試薬を添加するだけのプロトコルで5時間以内にアッセイが完了

使用例

阻害剤の評価データ

Fig.3 既存のPD-1/PD-L1阻害剤の評価データ

検出データ例

Fig.4 既存のレポーターアッセイに比べ 15倍以上高感度に検出

取扱い製品およびサービス

  • 安定発現細胞株
  • キット:増殖停止細胞と検出試薬のセット
  • 委託サービス*

*ご希望の際はページ最下段の創薬・受託サービス部までお問い合わせください。

 

ターゲットリスト

PathHunter® Checkpoint Assays
TARGET PRODUCT DESCRIPTION 細胞株 キット サービス
BTLA
PathHunter® Jurkat BTLA Signaling Assay
 
 
CD137
PathHunter® U2OS CD137 Signaling Assay
 
CD28
PathHunter® Jurkat CD28 Signaling Assay
 
CD86
PathHunter® U2OS CD86 Ligand Cell Line
 
CTLA4
PathHunter® Jurkat CTLA4 Signaling Assay
 
HVEM
PathHunter® U2OS HVEM Ligand Cell Line
 
 
ICOS
PathHunter® Jurkat ICOS Signaling Assay
 
NIK
PathHunter® U2OS NIK Signaling Assay
 
OX40
PathHunter® U2OS OX40 Signaling Assay
 
PD-1
PathHunter® Jurkat PD-1 Signaling Assay (SHP-1)
 
PD-1
PathHunter® Jurkat PD-1 Signaling Assay (SHP-2)
 
PD-1/PD-1
PathHunter® U2OS PD-1/PD-1 Dimerization Cell Line
 
 
PD-L1
PathHunter® U2OS PD-L1 Ligand Cell Line
 
 
PD-L2
PathHunter® U2OS PD-L2 Ligand Cell Line
 
 
PD-L1/PD-L1
PathHunter® U2OS PD-L1/PD-L1 Dimerization Cell Line
 
TIM3/TIM3
PathHunter® U2OS TIM3/TIM3 Dimerization Cell Line
VISTA/VISTA
PathHunter® U2OS VISTA/VISTA Dimerization Cell Line

※ターゲットによりアッセイ系が異なります。詳細は創薬・受託サービス部までお問い合わせください。

【関連ページ】

創薬に関するご相談 フォームでのお問い合わせ 電話でのお問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「PathHunter® Checkpoint Signaling Assays DiscoverX社:免疫チェックポイント阻害剤のプロファイリング」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO