商品情報

研究用

Picodrop社 Pico100 & Pico200 比較表

このエントリーをはてなブックマークに追加

Picodrop社では、マイクロリットル分光光度計 Pico100およびPico200を販売しています。

特長

Pico100

  • PCベースのソフトウェアにより操作を行います。サンプル測定後はカラーオーバーレイ表示(7サンプルまで)、表計算ソフトへのデータエキスポート、プリントアウト等をそのまま行うことができます。
  • 核酸検出モード、直接タンパク質検出モード(紫外吸収法)、間接タンパク質検出モード(Bradford法、Lawry法 等)、UV/Visibleモード、extended UVモード、マイクロアレイモードを備えています。

    Pico100

Pico200

  • ビルトイン12cmLCDスクリーン。スクリーン上でスピーディーなプロトコール選択が可能。
  • 核酸濃度測定、タンパク質濃度測定はもちろん、細胞培養濁度測定、カイネティクス測定、その他ユーザー定義による測定プロトコールの作成が可能。
  • ビルトインプリンターモデル、BluetoothワイヤレスPC接続モデル、SDカードモデルの3機種をご用意。

    Pico200

比較表

  Pico100 Pico200
光路長 1mm〜10mm
サンプル量 通常 2.5 μL
光源 キセノン(平均寿命6年)
検出器 CCD
測光直線性 < 1%@546nm
測光範囲 0.02-22A.U.
波長範囲 230-850nm 220-950nm
操作 パソコン(MSWindows) オンボードソフトウェア&スクリーン
波長精度 1nm
波長分解能 3nm 5nm
吸光度精度 0.003 (1nm)
検出範囲(DNA)-チップ 3-1200ng/μL 
検出範囲(DNA)-キュベット 0.4-120ng/μL
検出範囲(BSA) 0.1-25 mg/mL (BSA)
検出範囲(BSA) 0.02-2.5 mg/mL (BSA)
測定時間 3秒
外形寸法 28(W)x16(D)x12(H) cm 26(W)x39(D)x10(H) cm
重量 2.5kg 4.2kg
プリンター PC経由 ビルトインプリンター or PC経由
デジタル出力 PCとのイーサネット接続 USB or Bluetooth or SDカード (3種類の機種から選択)
ロボットコントロール RS232 なし
ソフトウェア PCフォーマット オンボード(PCにはPVCにてデータエクスポート)
測定モード 核酸濃度測定(dsDNA、ssDNA、RNA)、直接タンパク質濃度測定(紫外吸収法)、間接タンパク質濃度測定(Bradford法、Lawry法等)、UV/Visible 、exetended UV、マイクロアレイ 核酸濃度測定、タンパク質濃度測定(直接法&間接法)、細胞培養濁度測定、カイネティクス測定

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Picodrop社 Pico100 & Pico200 比較表」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO