商品情報

記事ID : 13567
研究用

PIP5K1A(RP11-68I18.9) Active KinasePIP5K1A 活性型キナーゼ

このエントリーをはてなブックマークに追加

« 「SignalChem社 活性型 キナーゼ」トップへ

PIP5K1A はホスファチジルイノシトール-4- リン酸をリン酸化し、ホスファチジルイノシトール-4, 5- リン酸を生成する。PIP5K1 は哺 乳類細胞においてWnt3a誘導性のLRP6 リン酸化 (ser1490) に必須である。Wnt3a はfrizzled とdishevelled を介してホスファチジルイノシトール-4, 5-リン酸形成を刺激し、dishevelled は活性化PIP5KI と直接的に相互作用する。PIP5K1A を介したPIP(2) 産生はHIV-1 の リンパ球への感染初期に重要な役割を果たす。リンパ球では、野生型PI4P5K1A の過剰発現によりHIV-1 エンベロープを介したPIP(2) 産生が増加しウイルス複製が亢進する。

PIP5K1A 活性型キナーゼ・関連製品対応表

活性型キナーゼ ペプチド基質 タンパク質基質 抗体 阻害剤
品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番 品名 品番
PIP5K1A, Active P16-10AG             Apigenin K10-900C
K252A K10-900D
K252B K10-900E
Staurosporine K10-900

PIP5K1A 活性型キナーゼ

PIP5K1A(RP11-68I18.9) Active Kinase

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
PIP5K1A, Active, Human詳細データ SCP P16-10AG 10 UG
販売終了
PIP5K1A, Active, Human詳細データ SCP P16-10AG 5 UG
販売終了

PIP5K1A キナーゼ/種由来・タグ・発現系詳細

品番 品名 種由来 タグ 発現系 配列
P16-10AG PIP5K1A, Active Human GST(N-term) Sf9 Full Length

阻害剤

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Apigenin詳細データ SCP K10-900C 10 MG
¥9,000
K252A詳細データ SCP K10-900D 1 MG
¥113,000
K252B詳細データ SCP K10-900E 1 MG
¥113,000
Staurosporine詳細データ SCP K10-900 1 MG
¥101,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「PIP5K1A 活性型キナーゼ」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO