商品情報

記事ID : 16316
研究用

神経損傷の指標となる pNF-H を定量的に測定リン酸化ニューロフィラメントH ELISA キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒトリン酸化ニューロフィラメントH(pNF-H)を4時間以内に定量的に測定できる、サンドイッチ法による ELISA キットです。

背景

リン酸化ニューロフィラメントH(pNF-H)

ニューロフィラメントは、ニューロンの主要な構成成分である直径 10nm のフィラメントで、特に軸索に集中的に分布しています。皮膚の主要な構造タンパク質であるケラチンと同様に、中間径フィラメントに属します。ニューロフィラメント(NF)は、主に、NF-L(low)、NF-M(medium)、NF-H(heavy または high)の3種類のサブユニットから構成されます。NF-H は、lysine-serine-proline(KSP)の繰り返し配列を複数含む約 200 kDa のタンパク質で、軸索のニューロフィラメントではほぼ全てのセリン残基がリン酸化されています。リン酸化 NF-H(pNF-H)はプロテアーゼに高い耐性を示すことから、損傷を受けた軸索から放出された pNF-H は分解されずに生体液中に残ります。pNF-H はニューロンに特異的に存在することから、血液や脳脊髄液(CSF)中の pNF-H を検出することは、神経損傷の指標となると考えられます。

リン酸化ニューロフィラメントH ELISA キット

特長

  • アッセイ時間は4時間以内
  • 血清/血漿/脳脊髄液(CSF)/組織サンプル中の pNF-H を測定
  • アッセイフォーマットは96ウェル
  • ヒト脳抽出物をベースにしたスタンダードとコントロール。動物血清不使用。

構成内容

  • 抗体コート済み マイクロタイターストリップ 96ウェル
  • 検出抗体溶液
  • HRPコンジュゲート溶液
  • マスタースタンダード
  • Quality Control HIGH
  • Quality Control LOW
  • 希釈バッファー
  • 洗浄液(10X)
  • 基質溶液
  • 停止液

仕様

アッセイフォーマット サンドイッチ ELISA、HRP標識抗体、96ウェル/キット
サンプル 脳脊髄液(CSF)、血清、血漿、組織抽出物
コントロール QC-Low、QC-High
スタンダード 62.5 - 4000 pg/mL
検出限界 23.5 pg/mL

臨床応用

  • 軸索変性
  • 脳損傷
  • 神経障害

使用例

スタンダードカーブ

図1 スタンダードカーブ

参考文献

  1. Anderson KJ, Scheff SW, Miller KM, Roberts KN, Gilmer LK, Yang C, Shaw G. The phosphorylated axonal form of the neurofilament subunit NF-H (pNF-H) as a blood biomarker of traumatic brain injury. J Neurotrauma. 2008 Sep;25 (9):1079-85
  2. Hu YY, He SS, Wang XC, Duan QH, Khatoon S, Iqbal K, Grundke-Iqbal I, Wang JZ. Elevated levels of phosphorylated neurofilament proteins in cerebrospinal fluid of Alzheimer disease patients. Neurosci Lett. 2002 Mar 8;320 (3):156-60
  3. Lewis SB, Wolper RA, Miralia L, Yang C, Shaw G. Detection of phosphorylated NF-H in the cerebrospinal fluid and blood of aneurysmal subarachnoid hemorrhage patients. J Cereb Blood Flow Metab. 2008 Jun;28 (6):1261-71
  4. Petzold A. Neurofilament phosphoforms: surrogate markers for axonal injury, degeneration and loss. J Neurol Sci. 2005 Jun 15;233 (1-2):183-98
  5. Petzold A, Rejdak K, Plant GT. Axonal degeneration and inflammation in acute optic neuritis. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2004 Aug;75 (8):1178-80
  6. Petzold A, Shaw G. Comparison of two ELISA methods for measuring levels of the phosphorylated neurofilament heavy chain. J Immunol Methods. 2007 Jan 30;319 (1-2):34-40
  7. Shaw G, Yang C, Ellis R, Anderson K, Parker Mickle J, Scheff S, Pike B, Anderson DK, Howland DR. Hyperphosphorylated neurofilament NF-H is a serum biomarker of axonal injury. Biochem Biophys Res Commun. 2005 Nov 4;336 (4):1268-77

リン酸化ニューロフィラメントH ELISA キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Neurofilament H , phospho (pNF-H) ELISA, Human詳細データ BVL RD191138300R 96 WELL
[1 kit]
¥106,000

製品使用文献

  1. Cai JY, Lu C, Chen MH, Ba HJ, Chen XD, Lin JH, Sun J. Predictive value of phosphorylated axonal neurofilament subunit H for clinical outcome in patients with acute intracerebral hemorrhage. Clin Chim Acta. 2013 Sep 23;424:182-6
  2. Fialova L, Bartos A, Svarcova J, Zimova D, Kotoucova J. Serum and cerebrospinal fluid heavy neurofilaments and antibodies against them in early multiple sclerosis. J Neuroimmunol. 2013 Jun 15;259 (1-2):81-7
  3. Ganesalingam J, An J, Shaw CE, Shaw G, Lacomis D, Bowser R. Combination of neurofilament heavy chain and complement C3 as CSF biomarkers for ALS. J Neurochem. 2011 May;117 (3):528-37 Ghonemi MO, Rabah AA, Saber HM, Radwan W. Role of Phosphorylated Neurofilament H as a diagnostic and prognostic marker in traumatic brain injury. EJICT. 13 May 2013;
  4. Goncalves M, Tillack L, de Carvalho M, Pinto S, Conradt HS, Costa J. Phosphoneurofilament heavy chain and N-glycomics from the cerebrospinal fluid in amyotrophic lateral sclerosis. Clin Chim Acta. 2015 Jan 1;438:342-9
  5. Pranzatelli MR, Tate ED, McGee NR, Verhulst SJ. CSF neurofilament light chain is elevated in OMS (decreasing with immunotherapy) and other pediatric neuroinflammatory disorders. J Neuroimmunol. 2014 Jan 15;266 (1-2):75-81
  6. Radwan WM, Rabbah AM, Hamdy Saber H, Elghonemi MO. A new marker for ischemic cerebrovascular stroke: Phosphorylated Neurofilament H. EJICT. April 2013;1 (2):105-8
  7. Zurek J, Bartlova L, Fedora M. Hyperphosphorylated neurofilament NF-H as a predictor of mortality after brain injury in children. Brain Inj. 2011;25 (2):221-6
  8. Zurek J, Fedora M. The usefulness of S100B, NSE, GFAP, NF-H, secretagogin and Hsp70 as a predictive biomarker of outcome in children with traumatic brain injury. Acta Neurochir (Wien). 2011 Oct 7;

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO