• ホーム
  • 商品情報
  • KINETWORKS™ イムノブロッティング解析受託サービス KINEXUS社;シグナル伝達関連のタンパク質発現やリン酸化状態のサンプル間の差を、SDS-PAGEとウェスタンブロッティングにより同定・比較する受託サービス

商品情報

研究用

シグナル伝達関連のタンパク質発現やリン酸化状態のサンプル間の差を、SDS-PAGEとウェスタンブロッティングにより同定・比較する受託サービス KINETWORKS™ イムノブロッティング解析受託サービス
KINEXUS社;シグナル伝達関連のタンパク質発現やリン酸化状態のサンプル間の差を、SDS-PAGEとウェスタンブロッティングにより同定・比較する受託サービス

KINEXUS社;シグナル伝達関連のタンパク質発現やリン酸化状態のサンプル間の差を、SDS-PAGEとウェスタンブロッティングにより同定・比較する受託サービス" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

Kinexus社はシグナル伝達タンパク質が関与する様々なシグナルカスケードに目的の刺激物となる化合物、siRNA、タンパク質等が細胞や組織に、どのような影響を及ぼしているかを調べるために最適なサービスです。全体のシグナルカスケードを網羅的に把握可能な抗体マイクロアレイサービス(KINEX™)、さらにより定量的にシグナルカスケードの各ターゲットに対する変化量をサンプル間で比較可能なGold standardな方イムノブロッティングをマルチの抗体を使用して行うKINETWORKS™を提供しています。KINETWORKS™は、KINEX™のFollow-upや特定のシグナルカスケードに興味がある場合に有効です。

特長

厳選された抗体
3000種類を超える抗体をKinexus社が設定する20種類以上の厳しい基準により評価・採用された最適な抗体を使用。

高い実績と信頼性
Gold standardなウェスタンブロッティング法を利用 
10,000 cell/tissueサンプルを超える様々なサンプル種に対して再現性のある試験を実施 
多くの大学・公的機関および企業で利用 
多数の論文で引用:「引用論文情報」参照

幅広い研究領域
Human, Mouse, Ratサンプルに最適化されていますが、下記動物種についても適用可能 
Chicken, Bovine, Porcine, Canine, Rabbit, Frog, Seastar, etc…

フレキシブル
目的に応じて選択可能な4種類のサービス形式。

サービス内容

KINETWORKS™では、4種類の形式でサービス提供を行っています。目的により下記4種類の形式から選択可能です。

(1). 興味のあるパネルを6種類のStandard Screen Panelから選択。 
(2). 抗体アレイに使用されている全650種類の抗体リストから、1サンプルに対して興味のある抗体を18種類選択 
(3). 全650種類の抗体リストから抗体を3種類まで選択し、8サンプルを試験。
(4). お客様より提供される抗体を使用。

KINETWORKS

Screening Selection

- Standard Screen -
・Protein Kinase Expression Screen
(76 antibodies)
:KPKS 1.2 (750μg)
・Protein Phosphatase Expression Screen
(29 antibodies)
:KPPS 1.2 (500μg)
・Broad Phospho-site Screen
(38 antibodies)
:KPSS 1.3 (500μg)
・Cell Cycle Protein Phospho-Site Screen
(44 antibodies)
:KPSS 10.1 (500μg)
・Protein Kinase Phospho-Site Screen
(37 antibodies)
:KPSS 11.0 (500μg)
・Non-kinase Phospho-Site Screen
(40 antibodies)
:KPSS 12.1 (500μg)
- Custom Screen -
・Custom KINETWORKS™ Screen
(18 antibodies)
:KCPS 1.0 (500μg)
Custom KINETWORKS™ Screen
(1-3 antibodies)
:KCSS 1.0
(8 samples, 50μg/sample)

原理

  • 細胞ライセートまたは組織ライセートをサンプルとして使用
  • SDS-Pageを行い、ニトロセルロース膜に転写
  • Overlapping ProteinsあるいはCross-reactive Proteinsのないよう最適化された1-3種類の抗体カクテルを用いて、マルチイムノブロッティングを行う
  • ECL検出システムによりシグナル検出
  • Kinexus社が構築したIRIS(Immuno-Reactive Identification System)により定量

 

サンプル送付

  • サンプル:細胞ライセート(接着細胞、浮遊細胞)、組織ライセート、細胞ペレットにも対応可能(別途サンプル調製代)
  • サンプル量:各Screening Selectionをご参照ください。*サンプル濃度は1mg/ml (0.6mg/ml-2.0mg/mlであれば受入れ可能)
  • シッピング:お客様のご要望に応じて、シッピングを代行させて頂きます(別途料金)

 

お送りする報告内容

  • イムノブロットのTIFFイメージ
  • バンド強度に関する定量的な数値情報(Excel形式)

 

納期

Kinexus社にサンプル到着後およそ4週間

サンプル調製方法 Sample_prep_Kinetworks PDF (223kb)
抗体パネル kinetworks_antibody_panel PDF (432kb)
抗体リスト kinex_antibody_list PDF (225kb)
結果Example example_kpks_report ZIP(524kb)
Kinexus社Presentation examples_kinetworks_Presentation PDF (1150kb)

 

引用論文情報

Kinet抗体マイクロアレイおよび、KINETWORKSイムノブロッティングサービスは、 数多くの大学・公的機関・企業で利用されおり、年々様々な研究分野への応用が報告されています。(2000年〜2009年4月までに報告された論文は、下記「引用論文リスト」をご参照下さい)

<創薬研究分野例>
ガン糖尿病アルツハイマー炎症、アレルギー、エイズ、各種神経疾患
<基礎医学分野例>
再生医学(ES細胞)、ストレスシグナル伝達血管新生、代謝、発症メカニズム、抗酸化、細胞周期、プロテオミクス

サービス適用例
・分化メカニズムの解明
・疾患メカニズムの解明
・応答性などのカスケード探索
・化合物の薬剤効果
・遺伝子治療・細胞治療効果の評価

引用論文リスト Publications_(2009) Excel (117kb)

お問い合わせ先 : 創薬・受託サービス部

ご質問・ご不明の点は創薬・受託サービス部までお問い合せください。また、秘密保持契約のご希望につきましても、下記までご連絡をお願いいたします。

TEL
03-5632-9615
FAX
03-5632-9614
E-mail
jutaku_gr@cosmobio.co.jp

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「KINETWORKS™ イムノブロッティング解析受託サービス KINEXUS社;シグナル伝達関連のタンパク質発現やリン酸化状態のサンプル間の差を、SDS-PAGEとウェスタンブロッティングにより同定・比較する受託サービス」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO