商品情報

研究用

26Sプロテアソームによるタンパク質分解活性測定キットProteasome 26S degradation kit

このエントリーをはてなブックマークに追加

本キットには精製ヒト赤血球由来の 26Sプロテアソームが含まれており、ユビキチン化タンパク質基質とあわせた in vitro タンパク質分解研究に適しています。

調整液には、19S調節サブユニットでシングルキャップされた26Sプロテアソーム(26S)が 40%、ダブルキャップされたプロテアソーム(30S)が 60% の割合で混ざっています。

構成内容

  • MgATP(0.1M MgATP, 125 μL)
  • 26S Proteasome
    (50μg in 10mM TRIS, containing 25mM potassium chloride, 1.1mM magnesium chloride, 0.1mM ethylenediaminetetraacetic acid, 1mM dithiothreitol, 1mM sodium azide, 2mM ATP, pH 7.0, and 35% glycerol)

プロトコール

下記は一般的なガイドラインです。結果は状況や基質により様々です。

使用する構成品(量/終濃度)

  • MgATP = 2 mM
  • 26Sプロテアソーム = 5-10 nM
  • 放射線標識したユビキチン化タンパク質 = 50-100 nM (5000-15000 cpm)

TCA溶解cpmをモニターする手順

  1. 全構成品を加える
  2. 反応混合液をインキュベートする(37℃、〜90分間)
  3. ご希望の時点で、反応混合液 10μL を取り出し、それに 10% トリクロロ酢酸(TCA)600μL、5% BSA(キャリアーとして)200μL を加える
  4. ボルテックスし、15分間氷上に置く
  5. 遠心する(14,000 rpm、4℃、10分)
  6. シンチレーションカウンターで上清 650 μL をカウントする
  7. 時間に対してTCA溶解カウントが上昇します。

Proteasome 26S degradation kit

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
プロテアソーム26S分解キット
Proteasome 26S degradation kit詳細データ
ENZ BML-PW8950-0001 1 KIT
[96 wells]
¥56,000

【関連商品】

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Proteasome 26S, Human詳細データ ENZ BML-PW9310-0050 50 UG
¥69,000
Mg2+/ATP Activating Solution詳細データ ENZ BML-EW9805-0100 100 UL
¥6,600

製品使用文献

  1. Reconstitution of hybrid proteasomes from purified PA700-20 S complexes and PA28alphabeta activator: ultrastructure and peptidase activities: F. Kopp et al.; J. Mol. Biol. 313, 465 (2001), Abstract;外部リンク
  2. A multicomponent system that degrades proteins conjugated to ubiquitin. Resolution of factors and evidence for ATP-dependent complex formation: D. Ganoth et al.; J. Biol. Chem. 263, 12412 (1988), Abstract; 外部リンク
  3. The protein substrate binding site of the ubiquitin-protein ligase system: A. Hershko et al.; J. Biol. Chem. 261, 11992 (1986), Abstract; 外部リンク
  4. ATP-dependent degradation of ubiquitin-protein conjugates: A. Hershko et al.; PNAS 81, 1619 (1984), Abstract; 外部リンク
  5. Components of ubiquitin-protein ligase system. Resolution, affinity purification, and role in protein breakdown: A. Hershko et al.; J. Biol. Chem. 258, 8206 (1983), Abstract; 外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO