商品情報

研究用

成熟肝細胞特異的マーカーCyp7a1抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加


Cyp7a1抗体は、成熟肝細胞特異的マーカーであるCyp7a1を検出します。

背景

肝細胞のマーカーとして知られているアルブミンなどの遺伝子は卵黄嚢にも発現しており、必ずしも肝細胞特異的なマーカーとは言えません。コレステ ロールから胆汁酸への生合成経路の初発段階反応を触媒するCYP7A1 (cholesterol 7a-hydroxylase)の遺伝子は卵黄嚢には発現せず、成熟肝細胞に特異的に発現します。ES細胞や骨髄、臍帯血などの非肝臓源からの肝細胞様細 胞の分化誘導の研究では、原始内胚葉由来の卵黄嚢を構成する臓側内胚葉由来でなく、真に内胚葉由来であることを証明することが必要となり、本抗体はこの新 規マーカーCYP7A1検出の有用なツールとなり得ます。

提供者:東京医科歯科大学難治疾患研究所病態生化学分野 教授 寺岡 弘文 先生

Cyp7a1抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Cyp7a1, Mouse (Mouse) , 1D9詳細データ CAC ABN-M01-CY 100 UG
販売終了

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO