商品情報

研究用

分化多能性マーカー Nanog 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めて商品化を実現しました!

免疫染色、ウエスタンブロッティングなどでご使用いただけるNanog抗体です。

背景

多能性幹細胞の分子マーカーとして、OCT3/4(POU5F1)やSTAT3が広く知られています。

Nanogは新規に同定されたホメオドメインタンパク質1),2)であり、ES細胞やEG細胞などの多能性幹細胞や初期胚に特異的に発現します。STAT3伝達系による調節に依存することなく、多能性と自己複製能維持のシグナル伝達系に関与しています。

この度、京都大学再生医科学研究所 中辻教授のグループにより、初めてNanogに対する抗体の商品化が実現いたしました。このNanog抗体は、ヒト、 サル、マウスの幹細胞の未分化状態の確認に適した分子マーカーであり、力価が非常に高く使いやすいことを特徴としております。さらに、免疫染色、ウエスタンブロッティング、免疫沈降など研究開発に不可欠な実験用途にも幅広くお使いいただけます。

参考文献

1. 実験医学 Vol.21 No.15 (10月号) 2003
2. Mitsui, K. et al. : Cell. 2003 May 30;113(5):631-42.
3. Hatano, SY. et al. : Mech Dev. 2005 Jan;122(1):67-79.
4. Yamaguchi, S., Kimura, H., Tada, M., Nakatsuji, N. and Tada, T. (2005) Nanog expression in mouse germ cell development. Gene Expr Patterns 5, 639-646.

抗ヒトNanog抗体

特長

  • バッファー:PBS, pH7.4 (防腐剤不含)
  • 形状:ウサギアフィニティー精製ポリクローナル抗体、液状品
  • 濃度:約0.2mg/mL
  • 種由来:ヒト
  • 種反応性:ヒト
  • 適用: ウェスタンブロッティング(図1参照)、免疫細胞染色(図2参照)

使用例

Nanog抗体によるウエスタンブロッティング解析
M;Mousse,H;Human
1st Ab;Anti-human Nanog (1/1000)
2nd Ab;Anti-rabbit IgG-HRP (1/3000)
図1 ウエスタンブロッティング
Nanog抗体による免疫細胞染色
図2 免疫細胞染色

写真提供:京都大学 再生医科学研究所 中辻憲夫先生、多田高先生

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Nanog, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ REC RCAB003P 200 UL
[0.2 mg / ml]
¥54,000

抗マウスNanog抗体

特長

  • バッファー:PBS, pH7.4 (防腐剤不含)
  • 形状:ウサギアフィニティー精製ポリクローナル抗体、液状品
  • 濃度:約0.2mg/mL
  • 種由来:マウス
  • 種反応性:マウス、ヒト、サル
  • 適用: マウス/免疫細胞染色、免疫沈降、ウェスタンブロッティング(下図参照)、ヒト、サル/免疫細胞染色

使用例

Nanog抗体
免疫細胞染色 (フィーダー細胞上のマウスES細胞)Nanog抗体
DAPI
免疫細胞染色 (フィーダー細胞上のマウスES細胞)DAPI
ウェスタンブロッティング Nanog抗体
免疫細胞染色
(フィーダー細胞上のマウスES細胞)
ウェスタンブロッティング

破線範囲:フィーダー細胞

写真提供:京都大学 再生医科学研究所 中辻憲夫先生、多田高先生

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Nanog, Mouse (Rabbit) Unlabeled詳細データ REC RCAB001P 200 UL
[0.2 mg / ml]
¥54,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「分化多能性マーカー Nanog 抗体」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO