ページの本文へ移動

記事ID : 45345
研究用

選択用抗生物質:エンドトキシン試験済み滅菌試薬
Puromycin

このエントリーをはてなブックマークに追加

Puromycinの図

Puromycinは、Streptomyces albonigerによって産生されるアミノヌクレオシド系抗生物質です。原核生物と真核生物の両方のリボソーム上のペプチジル転移を特異的に阻害します。この抗生物質は、グラム陽性菌やさまざまな動物細胞や昆虫細胞の増殖を阻害します。

Puromycinは、特定の条件下で大腸菌形質転換体の選択に使用することもできます。ピューロマイシンに対する耐性は、ピューロマイシンN-アセチルトランスフェラーゼをコードするPac遺伝子によって与えられます1

通常、動物細胞は1〜10μg/mlの濃度で感受性があります。

仕様

濃度 10 mg/mL
CAS RN 番号 58-58-2
品質管理 各ロット、ロット間差がないことを確認するために徹底的に試験
純度 ≥ 98% (HPLC)
エンドトキシンレベル < 5 EU/mg
物理化学的特性 pH、外観
細胞培養試験 puromycin感受性およびpuromycin耐性の哺乳類細胞株で有効性を評価
微量汚染物質の非細胞毒性 puromycin耐性細胞で長期的に影響がないことを確認
組成式 C22H229N7O5・2HCl
分子量 544.3
構造式 Puromycinの構造式

ワーキング濃度

哺乳類細胞株に対するPuromycinのワーキング濃度は1〜10μg/mlの範囲です。 はじめの実験では、宿主細胞株を死滅させるのに必要な抗生物質の最適濃度を決定することをおすすめします。

Puromycinは、pac遺伝子をもたない真核細胞を速やかに死滅させます。死滅させた細胞はプレートから剥がれるため、 形質転換体クローンを容易かつ早期に同定することができます。

一部の哺乳動物細胞での選択に推奨される作業条件を以下に示します。

細胞 培地 濃度 文献情報
B16 (Mouse melanocytes) RPMI 1-2 μg/ml 1,2
HEK293 (Human embryonic kidney cells) DMEM 0.5-10 μg/ml 3,4,5
HeLa (Human uterine cells) DMEM 1-10 μg/ml 5,6
MEF (Mouse fibroblasts) DMEM 1-5 μg/ml 5

Puromycin溶液

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Puromycin (solution) 詳細データ ING ANT-PR-1 100 MG
[10 x 1 ml]
¥25,000
Puromycin (solution) 詳細データ ING ANT-PR-5 500 MG
[50 x 1 ml]
¥111,000
Puromycin (solution) 詳細データ ING ANT-PR-5B 500 MG
[1 x 50 ml]
¥77,000

参考文献

  1. Lacalle R. et al., 1989. Molecular analysis of the pac gene encoding a puromycin N-acetyl transferase from Streptomyces alboniger. Gene. 79:375-80.

文献情報

  1. Furge KA. et al., 2001. Suppression of Ras-mediated tumorigenicity and metastasis through inhibition of the Met receptor tyrosine kinase. PNAS 98:10722-7.
  2. Díaz J. et al., 2014.Rab5 is required in metastatic cancer cells for Caveolin-1-enhanced Rac1 activation, migration and invasion.. J Cell Sci. 127:2401-6.
  3. Rössger K. et al., 2013. Reward-based hypertension control by a synthetic brain-dopamine interface. PNAS, 110:18150-5.
  4. Schmitter D. et al., 2006. Effects of Dicer and Argonaute down-regulation on mRNA levels in human HEK293 cells. Nucleic Acids Res. 34:4801-15. 5. Kamer I. et al., 2005. Proapoptotic BID Is an ATM effector in the DNA-damage response Cell. 122:593-603.
  5. Kamer I. et al., 2005. Proapoptotic BID Is an ATM effector in the DNA-damage response Cell. 122:593-603.
  6. Charnaux N. et al., 2005. RANTES (CCL5) induces a CCR5-dependent accelerated shedding of syndecan-1 (CD138) and syndecan-4 from HeLa cells and forms complexes with the shed ectodomains of these proteoglycans as well as with those of CD44. Glycobiology. 15:119-30.

製品使用文献

  1. 2023 Mol Cancer DOI: 10.1186/s12943-023-01857-0 Combined inhibition of Bcl-2 family members and YAP induces synthetic lethality in metastatic gastric cancer with RASA1 and NF2 deficiency. Kwon J.W. et al.
  2. 2023 DNA Repair (Amst). DOI: 10.1016/j.dnarep.2023.103566 Live cell transcription-coupled nucleotide excision repair dynamics revisited. Llerena Schiffmacher D.A. et al.

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Puromycin」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO