商品情報

記事ID : 14132
研究用

RIPAバッファー/Santa Cruz Biotechnology社RIPA Lysis Buffer

このエントリーをはてなブックマークに追加

RIPA バッファー

RIPA Lysis Buffer(Radioimmunoprecipitation Buffer)は、細胞や組織の溶解に使用される溶解バッファーで、NP-40 や Triton X-100 よりも強い変性能力を有しているため、特に核抽出物調製における核膜の破壊に有用です。

サンタクルズ (Santa Cruz Biotechnology/SCB)社では、哺乳動物の細胞および組織の溶解に最適な、RIPAバッファーとプロテアーゼ阻害剤がセットになった高品質 「RIPA Lysis Buffer System」(品番:SC-24948/SC-24948A)をお届けします。

 

特長

  • 哺乳動物の細胞および組織の溶解にご使用頂けます。
  • RIPAバッファーとその他必要な試薬(プロテアーゼ阻害剤など)が4本セットになっている大変便利な商品です。
    (詳細は下記「構成内容」を参照ください。)

構成内容

品番: sc-24948,50 mL

  • バイアル 1: 50 mL 1X 溶解バッファー(1X lysis buffer)(pH 7.4 ±0.1)
  • バイアル 2: 500 μL (200mM) PMSF in DMSO
  • バイアル 3: 500 μL プロテアーゼ阻害剤カクテル(protease inhibitor cocktail in DMSO)
  • バイアル 4: 500 μL (100mM) オルトバナジン酸ナトリウム水溶液(sodium orthovanadate in water)

品番: sc-24948A,500 mL

  • バイアル 1: 500 mL 1X 溶解バッファー(1X lysis buffer)
  • バイアル 2: 5 mL (200mM) PMSF溶液(in DMSO)
  • バイアル 3: 5 mL プロテアーゼ阻害剤カクテル(protease inhibitor cocktail in DMSO)
  • バイアル 4: 5 mL (100mM) オルトバナジン酸ナトリウム水溶液(sodium orthovanadate in water)

使用方法

  1. 細胞溶解前に、1×RIPA 溶解バッファー 1mlあたりPMSF溶液 10μl、オルトバナジウム酸ナトリウム水溶液 10μl および プロテアーゼ阻害剤カクテル溶液 10〜20 μl を加え、完全なRIPAバッファーを調製します。
  2. 調製したRIPAバッファーをサンプルに加えます。
    [組織]‐組織1g あたり、RIPAバッファー 3ml
    [細胞懸濁液]‐ 2.0x107 細胞あたり RIPAバッファー 1ml
    [細胞単層(subconfluent)]‐100 mmプレート上の細胞単層あたり、0.6ml
 
参考文献

  1. Poirier, F., et al. 1982. Int. J. Cancer. 29: 69-76. PMID: 6277805
  2. DeSeau, V., et al. 1987. J. Cell. Biochem. 35: 113-128. PMID: 2448318
  3. Bolen, J.B., et al. 1987. Oncogene Res. 1: 149-168. PMID: 2453014
  4. Ngoka, L.C. 2008. Proteome Sci. 6: 30. PMID: 18950484

RIPA Lysis Buffer System

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
RIPA Lysis Buffer System詳細データ SCB SC-24948A 500 ML
¥35,000
RIPA Lysis Buffer System詳細データ SCB SC-24948 50 ML
¥6,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO