商品情報

記事ID : 35210
研究用

細胞の脂肪酸取り込みを簡単にモニター!Screen Quest™ 蛍光脂肪酸取り込みアッセイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Screen Quest™蛍光脂肪酸取り込みアッセイは、簡単に脂肪酸トランスポーターを含むことが知られている細胞の脂肪酸取り込みをモニターするためのキットです。本アッセイは、独自のドデカン酸蛍光脂肪酸基質を利用しています。

AAT Bioquest社 細胞代謝とシグナリングアッセイ

背景

脂肪酸の取り込みは、肥満、2型糖尿病、および肝狭窄などの多くのヒト代謝障害の新規治療法を開発するための有望な治療標的です。例えば、創薬研究において、脂肪酸トランスポーターを含有する細胞における脂肪酸取り込みの定量分析は、新規薬物化合物のアゴニスト効果およびアンタゴニスト効果の特性評価を可能にします。

特長

  • 簡単:mix and-readフォーマットでHTSアプリケーションに適応
  • 便利:96ウェルまたは384ウェルのマイクロタイタープレートに対応
  • 分析機器:Ex/Em = 485/515 nm(下方測定モード)またはFITCチャネルを有する蛍光マイクロプレートリーダー

構成内容

  • Component A: TF2-C12 Fatty Acid 1 vial, lyophilized
  • Component B: Assay Buffer 10 mL
  • Component C: DMSO 100 µL

プロトコール概要 (For one 96-well plate)

  1. 細胞を成長培地で4-6時間培養。
  2. 1時間細胞を剥離させ、用途に応じて処理する。
  3. 脂肪酸ダイローディング試薬を添加
  4. 蛍光強度をEx/Em = 485/515 nm 測定する。キネティックアッセイの場合は即時に、エンドポイントアッセイの場合はボトムリードモードで60分インキュベーション後に測定する。

製品データ

脂肪酸の取り込み比較
図.1 3T3-L1脂肪細胞と線維芽細胞による脂肪酸の取り込み比較
細胞をpoly-D コート96ウェル黒色クリアボトムプレートに50,000 cells/100 µL/well播種し、5時間静置後、血清を除去し1時間静置。細胞をインスリンなし(コントロール)またはインスリンあり(150 nM)で処理し、37℃, 5% CO2インキュベーターにて30分静置。インキュベーション時間の終わりに、100 µlの脂肪酸混合物をウェルに添加し、さらに60分間インキュベートした後、FlexStationプレートリーダー(ボトムリードモード)で蛍光シグナルを測定した。
A -線維芽細胞(コントロール), B -線維芽細胞(インスリン)
C -脂肪細胞(コントロール), D -脂肪細胞(インスリン)

Screen Quest™ 蛍光脂肪酸取り込みアッセイ

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Screen QuestTM Fluorimetric Fatty Acid Uptake Assay Kit詳細データ ABD 36385 100 TEST
¥62,000

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Screen Quest™ 蛍光脂肪酸取り込みアッセイ」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO