ページの本文へ移動

記事ID : 45548
研究用

HATセレクションとクローニングを同時に! ハイブリドーマ用半固形培地(HAT 添加) HDO-01

このエントリーをはてなブックマークに追加

BHDO-01 (Semi-solid Medium for Hybridoma with HAT)

ハイブリドーマを作製する際のHATセレクションとクローニングを同時に行うための専用培地(カルボキシメチルセルロースベースの半固形培地)です。 従来の方法ではHATセレクションとクローニングに約1ヵ月ほどかかるところ、HDO-01を使用すると14日間に短縮できます。

使用方法

使用方法 1.ハイブリドーマを培養で縣濁する 2.HDO-01とハイブリドーマ懸濁液を混合する 3.14日間培養する 4.コロニーをピックアップする
図1. HDO-01培地使用方法の概略

【使用方法】
1) 細胞融合後、回復培地でovernight 培養したハイブリドーマを回収して10 mL の細胞懸濁液を調製する。
  細胞数は1×107〜5×107の範囲にする。
2) 90 mLのHDO-01に10 mL の細胞懸濁液を添加し、キャップを閉めて数回転倒撹拌する。
3) 気泡を除去するために、37℃の CO2 インキュベータ内で 10 分間静置する。
4) 16G のブラント針を装着した10mLのシリンジでハイブリドーマ懸濁HDO-01を10mL分取し、
  100mm細胞培養ディッシュに気泡が入らないようにアプライする。
5) ハイブリドーマのコロニーが目視できるまで 14 日間培養する。
6) シングルコロニーを10〜20µLの培地ごとピペットで吸い取り、ハイブリドーマ培養用の培地を入れた96 穴プレートに
  移して培養する。

コロニー形成の様子
図2.培養 14 日目のコロニー形成の様子
60mm 細胞培養ディッシュで 14 日間培養した。 目視でハイブリドーマのシングルコロニーが見えるようになる。

ハイブリドーマ用半固形培地(HAT 添加) HDO-01

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
HDO-01 (Semi-solid Medium for Hybridoma with HAT) new詳細データ BAM 80-002 90 ML
お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

オウンドメディア

※当社のWEBサイトはユーザーの利便性を最適にし、それを保証するためにクッキーを使用しています。
 このWEBサイトの利用を継続することで、クッキーの使用に同意することになります。

© COSMO BIO