商品情報

記事ID : 14862
研究用

新規がん治療薬研究にSensoLyte® Rh110 マトリプターゼ活性アッセイキット(蛍光)

このエントリーをはてなブックマークに追加

SensoLyte® Rh110 Matriptase Assay Kit は、発癌に関与するプロテアーゼであるマトリプターゼ(Matriptase)を蛍光により検出するキットです。

背景

マトリプターゼ(Matriptase)

マトリプターゼ(または MT-SP1、ST14、TADG-15、epithin)は、II 型膜貫通型セリンプロテアーゼファミリーに属するトリプシン様プロテアーゼです。既知のマトリプターゼ基質には、細胞外マトリックスタンパク質、細胞接着分子、イオンチャネル、成長因子様タンパク質、その他のプロテアーゼなどがあり、マトリプターゼの作用により、タンパク質のプロセシング/活性化/分解が起こります。マトリプターゼは、ほとんどすべての上皮に幅広く発現し、上皮由来の腫瘍に特異的に見出されます。マトリプターゼは、卵巣癌、前立腺癌、子宮頸癌の発症に関与しており、新規癌治療薬のターゲットとされています(1-3)。

使用目的

本アッセイキットは、マトリプターゼ阻害剤/活性化因子のスクリーニングや、蛍光基質を使用したマトリプターゼ活性の連続的な解析にご使用いただけます。

特長

  • 長波長(Ex/Em = 490/520 nm): 最小限の自家蛍光
  • 高感度な蛍光アッセイ
  • アッセイはわずか1時間で完了
  • 混合して測定するだけの均一なアッセイ
  • 検出限界: 0.15 ng/mL

構成内容

  • Rh110 マトリプターゼ基質(切断後 Ex/Em=490 nm/520 nm)
  • Rh110 蛍光リファレンススタンダード(Ex/Em=490 nm/520 nm)
  • ヒトリコンビナント マトリプターゼ
  • アッセイバッファー
  • ロイペプチン

その他必要な材料・機器

  • 96ウェルマイクロプレート(黒、平底、表面処理なし)
  • 蛍光マイクロプレートリーダー

検出原理

マトリプターゼによって基質が切断されると、明るい緑色蛍光を発する Rh110(ローダミン 110)が生成され、励起/蛍光 = 496 nm/520 nm で検出することができます。Rh110 は、長波長で吸光係数が高いことから、他の反応からの干渉が少なく、高感度な検出が可能です。

使用例

図1 本キットを用いて検出した、ロイペプチンによるマトリプターゼ活性の阻害

図1 本キットを用いて検出した、ロイペプチンによるマトリプターゼ活性の阻害

参考文献

  1. Welman, A. et al. PLOS One 7, e34182 (2012). 
  2. List, K. et al. Mol Med 12, 1-3 (2006).
  3. Quimbar, P. et al. J Biol Chem 288, 13885 (2013).

SensoLyte® Rh110 マトリプターゼ活性アッセイキット(蛍光)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SensoLyte(R) Rh110 Matriptase Activity Assay Kit *Fluorimetric*詳細データ ASI AS-72241 1 KIT
¥110,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO