商品情報

研究用

プロテオーム研究におけるタンパク質の定量質量解析にタンパク質定量解析用 ICPL™ Quadruplexキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICPL™(Isotope Coded Protein Labelling)キットは、安定同位体標識をマススペクトルと組み合わせることにより、タンパク質混合複合体中の1,000種類ものタンパク質を同定・定量するためのパワフルなキットです。

本手法は、タンパク質の定量を正確かつ高い再現性で行うことのできる唯一の方法で、翻訳後修飾されたタンパク質やアイソフォームの解析にもお使いいただけます。

ICPL™ Quadruplexキットは、4つのプロテオームを同時に解析できるキットです。

使用目的

  • 4つのプロテオームの定量的解析。
  • マススペクトルにおける検出のための新規のタンパク質標識方法。
  • 翻訳後修飾の解析。
  • アイソフォームの解析。

※詳細は、セルバ社ホームページ上“Technical Notes”をご覧ください。
http://www.serva.de/index.html

特長

他のタンパク質標識技術に比べ、二次元電気泳動や、ESI-MS、MALDI-MSを用いた多次元LC-MSに適応しています。

構成内容

  • 12C-Nic試薬
  • 2D-Nic試薬
  • 13C-Nic試薬
  • 13C2D -Nic試薬
  • 停止液
  • 還元溶液
  • アルキル化試薬(Iodoacetamide)
  • 溶解液(グアニジン-HCl)
  • バッファー
  • タンパク質ミックスL
  • タンパク質ミックスM
  • タンパク質ミックスH
  • タンパク質ミックスX


図1. ICPL™ 試薬の構造
標識の有無(12C/13C)の質量の違いは、修飾されたアミノ基[Lys+タンパク質N末端(Δm=6.0204Da)]
あたり105.0215Daから114.0419Da。

プロトコール


図1 この方法はA.Schmidt,J.KellermannとF.Lottspeich(Proteomics 2005,1,4-15)によって開発され、
TOPLAB GmbH,Martinsried(www.toplab.de)に認可を受けています。

タンパク質定量解析用 ICPL™ Quadruplexキット

解析できるタンパク質の種類:4

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SERVA ICPL TM Quadruplex Kit詳細データ SER 39232 1 KIT
お問い合わせ

関連商品

解析できるタンパク質の種類
SERVA ICPL™-Triplex Kit(品番:39231)→3
SERVA ICPL™ Kit(品番:39230)→2

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
SERVA ICPLTM Triplex Kit詳細データ SER 39231 1 KIT
[3 x 6 Sample]
お問い合わせ
SERVA ICPLTM KIT詳細データ SER 39230 1 KIT
[2 x 6 Reactions]
お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「タンパク質定量解析用 ICPL™ Quadruplexキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO