商品情報

記事ID : 10344
研究用

単一細胞から高品質のトータルゲノムDNAを増幅 Ampli1™ WGAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ampli1™ Whole Genome Amplification(WGA)キットは、単一細胞のトータルDNAを増幅するために最適なツールです。本キットにより、高濃縮の長さ0.2-2kbのDNAフラグメントの、一貫性のある完全なライブラリを構築できます。本キットで調製したDNAは、全ゲノムシーケンスなどのダウンストリームアプリケーションに適用できます。

プロトコールが大幅に短縮されました。

特長

  • 信頼性:シングルプライマーによるPCRで均衡のとれた増幅ができます。
  • 再現性:シングルチューブで、遠心操作のないプロトコールにより、テンプレートのロスを最小限に抑えます。
  • ロバスト:単一細胞から最大で4μgのDNAが得られます。
  • 3日間かかる実験が1日で完了!

プロトコール

Ampli1 WGAキットプロトコール

適用サンプル

部位特異的なDNA消化後にアダプターを介してPCRを行うことにより、単一細胞からでも複数細胞からでも同様にDNAを増幅することができます。全てのサンプルタイプからDNAを抽出できます。

  • 生細胞
  • 固定細胞(例 2%パラホルムアルデヒド)
  • CellSearch® Autoprep処理済みのVeridex CellSaveチューブ中の細胞
  • ヘキスト33342や蛍光標識抗体で染色された細胞

図1 本キットにより、生細胞からも固定細胞からも同様にDNAが増幅できた。
図1 本キットにより、生細胞からも固定細胞からも同様にDNAが増幅できた。

アプリケーション

本キットにより増幅したDNAは、各種ゲノムアプリケーションに適用できます。

  • SNP、変異検出
  • STR分析
  • CNV分析
  • 発現解析
  • 次世代シーケンス
  • 全ゲノムシーケンス

図2
図2 大腸癌患者から、 Silicon Biosystems' DEPArray™ システムを用いて、循環腫瘍細胞(CTC)および白血球細胞(WBC)を単離した。CellBrowser™ ソフトウェアにより細胞を映像化した結果、CTCではサイトケラチンの染色が見られたが、WBCでは見られなかった。CTCおよびWBCのゲノムDNAを本キットを用いて増幅し、Ion Torrent™ Ion Ampliseq™ Cancer Panelによりシーケンスを行った結果、CTCにおいてFBXW7およびTP53の2つの遺伝子において変異が起きていることが示唆された。

Ampli1™ WGAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Ampli1TM WGA. Whole Genome Amplification Kit詳細データ SLB WG001R 50 RXN
¥260,000

[関連商品]

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Ampli1™ WGAキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO