商品情報

記事ID : 14434
研究用

ヒト テロメラーゼ 活性を阻害テロメラーゼ阻害剤 - DNAのG四量体(G-quadruplex)安定化試薬

このエントリーをはてなブックマークに追加

テロメスタチンの誘導体であるL2H2-6OTD とL1H1-7OTDは、G-quadruplexと結合・安定化することでヒトテロメラーゼ活性を阻害することが知られています。またL1H1-7OTDはHela細胞において選択的な細胞毒性を生じることが報告されています。

L2H2-6OTD
L2H2-6OTD

L1H1-7OTD
L1H1-7OTD

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
L2H2-6OTD詳細データ CSR TAT-003 1 MG
お問い合わせ
L1H1-7OTD詳細データ CSR TAT-004 1 MG
お問い合わせ

引用論文

  • M. Tera, H. Ishizuka, M. Takagi, M. Suganuma, K. Shin-ya, K. Nagasawa, “Macrocyclic hexaoxazoles as sequence and mode selective G-quadruplex binders”, Angew. Chem. Int. Ed., 2008, 47, 5557-5560.
  • M. Tera, K. Iida, H. Ishizuka, M. Takagi, M. Suganuma, T. Doi, K. Shin-ya, K. Nagasawa, “Synthesis of a potent G-quadruplex-binding macrocyclic heptaoxazole”, ChemBioChem, 2009, 10, 431-435.

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO