商品情報

記事ID : 35259
研究用

急性期タンパク質 TREM-1 を高感度に測定TREM-1ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

TREM-1 をサンドイッチELISAで測定します。

背景

TREM-1 は、敗血症における炎症反応のモジュレーターとして機能する細胞表面受容体ファミリーメンバーです。骨髄系細胞で広く発現しており、真菌および細菌の接触後に炎症のトリガーとして、また増幅剤として作用します。発現は、好中球、単球、マクロファージ、ミクログリア、破骨細胞および樹状細胞に主に見られます。TREMファミリーは、TREM-1、TREM-2、TREM-3 (マウス) およびTREM様転写物1 および 2 からなり、それらは膜貫通免疫グロブリンスーパーファミリーのメンバーです。

TREM-1 は、シグナルペプチド (16 aa)、細胞外ドメイン (184 aa)、膜貫通ドメイン (29 aa)、および短い細胞質ドメイン (5 aa) を有する 234アミノ酸からなる前駆体として合成される 30 kDa の単量体タンパク質です。TREM-1 のリガンドはまだ不明です。免疫受容体チロシンベースの活性化モチーフを含むアダプタータンパク質DAP12 (DNA活性化タンパク質12) と会合した後、TREMは、細胞内カルシウム動員、アクチン細胞骨格再配列、およびいくつかの転写因子の活性化をもたらすシグナル伝達経路を引き起こします。

TREM-1 は、Toll様受容体シグナル伝達経路と相乗的に炎症反応を増強します。感染中に受容体発現が調節され、可溶性TREM-1 (sTREM-1、17 kDa) が放出されます。TREM-1 は活性化食細胞の膜から脱落し、そして組織や血漿および気管支肺胞洗浄液 (BAL) といった体液中に sTREM-1として発見されます。これまでの研究により、選択的スプライシングを受けたmRNAからsTREM1 が発現することが分かっています。sTrem-1 はシグナルを伝達することはできませんが、内因性リガンドとの結合と競合し、それによって、感染が始まったときに活性化される増幅ループを弱めます。sTREM1レベルは敗血症の予後マーカーとして利用されますが、他の研究では、非感染性原因 (例えば、クローン病) の炎症時にそのレベルが上昇することが分かっています。少なくとも体液中の sTREM-1 はしばしば疾患の重症度と相関します。

特長

  • 感度 :
  • 測定範囲 : 31 to 2000 pg/mL
  • サンプル : 血清、血漿

構成内容

  • 洗浄バッファー 20x
  • 希釈バッファー 10x
  • スタンダード
  • ビオチン化トレーサー
  • ストレプトアビジン-ペルオキシダーゼ 100x
  • TMB基質
  • 停止液
  • コート済み12マイクロタイターストリップ

TREM-1ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
TREM-1, Soluble ELISA kit, Human詳細データ HCB HK348-01 1*96 WELL
¥117,000
TREM-1, Soluble ELISA kit, Human詳細データ HCB HK348-02 2*96 WELL
¥189,000
Hycult Biotech(ハイカルト)社 製品のご紹介

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「TREM-1ELISAキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO