商品情報

研究用

認知症、アルツハイマー病の診断マーカー研究にヒトCRF 測定ELISAキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症、アルツハイマー病の診断マーカー研究との関連が示唆されているCRF(副腎皮質刺激ホルモン放出因子/Corticotropin Releasing Factor)を測定するためのELISAキットです。

背景

副腎皮質刺激ホルモン放出因子/CRF について

Corticotropin Releasing Factor(副腎皮質刺激ホルモン放出因子、CRF)は神経ペプチドで、中枢神経系及び下垂体を介し、ストレスに対する調節作用があります。特に近年CRFとストレス及びアルツハイマー病(AD)の関連が注目され、うつ病、不安神経症等で脳脊髄液(CSF)中のCRF の濃度が変化することが指摘されています。

ADとの関連に対する研究においてCRF は、神経化学物質マーカーとして早期の認知症及びAD 患者の診断に有用であることが示唆されました。また、血中や組織中でCRF は、通常binding protein(BP)と結合した形で存在しますが、ヒト脳中のCRFがBPとの結合によりCRF受容体結合能を失うため、人の脳中遊離CRF 量は、CRF-BP 結合によって決定されることが示されました。こうした結果から脳内遊離CRF を増加させることで、AD の治療につながる可能性があるとの報告もあります。

さらに、培養神経細胞ではCRF の添加によりアミロイド−βペプチドによる細胞死が抑制されたことから、CRF は脳内ニューロンに対し保護作用があると示唆されています。

特長

● 測定範囲>有効測定範囲:0.078〜2.5ng/ml

構成内容

  • 標識特異抗体液(ビオチン標識ウサギ抗CRF抗体)
  • 標準品
  • 測定プレート(ウサギ抗CRF抗体固定化済み)
  • 酵素基質液
  • HRP標識ストレプトアビジン溶液
  • 酵素反応停止液
  • 緩衝液
  • 濃縮洗浄液
  • プレート密閉用シール

その他

  • サンプル量: 50µl (Pretreated plasma)
  • 測定時間: 7.5時間

使用例

ヒトCRF 測定ELISAキット検量線
図1 検量線

ヒトCRF 測定ELISAキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CRF ELISA, Human詳細データ YII YK132 1 KIT
¥79,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO