サポート情報

Q&A

記事ID : 43513

FAQ : 真菌検出用培地 Hygicult®について

【商品詳細】

【01】Hygicult®は水中のバクテリアの検出に適していますか?

飲料水の水質は、各国の法令に従って検査する必要があります。詳細については、お近くの食品安全局または環境研究所にお問い合わせください
Hygicult®は、下水道水や冷却塔のモニタリングに使用できますが、飲料水には十分な感度を持ちません。Hygicult TPCの感度限界は1000 cfu/mL または cfu/cm2 ですが、飲料水の限界は< 100 cfu/mL です。

【02】サンプルをさらに培養するために微生物研究所に持ち込む必要がある場合、Hygicult®コンタクトスライドを輸送媒体として使用することはできますか?

はい、Hygicult® コンタクトスライドはこの目的に最適です。

【03】凍結した試料から腸内細菌を検出することはできますか?

はい、検出できます。凍結しても腸内細菌は生存しています。

【04】培地の一部または全部が切り離されています。なぜでしょうか?このスライドはまだ使えますか?

使用しないでください。寒天の脱落は、輸送中の乱暴な取り扱いによるものと思われます。

【05】Hygicult TPCで増殖する菌種は何ですか?

Hygicult TPCは、最も一般的な細菌、酵母、カビを急速に増殖させるTotal Plate Count寒天で覆われています。すべての検出可能な生物に関する包括的な研究は行われていません。Hygicult TPCは、特定の微生物の検出を目的としたものではなく、一般的な衛生レベルや微生物汚染のモニタリングに使用します。

【06】Hygicult®のディップスライドは、ディップした時にどのくらいの量の試料が取れるのですか?

1枚あたり40〜50µLとお考えください。

【07】環境衛生分析において、ATP(発光)法よりもHygicult®の方が適しているのはどのような場合ですか?

生菌数の把握や汚染源の特定が必要な場合は、Hygicult®が適しています。生菌数は、表面の衛生状態や、接触したものが汚染される可能性があるかどうかを示しています。

【08】微生物(レジオネラ菌やその他の病原体など)を特異的に識別する製品はありますか?

いいえ、ありません。病原体に特化した方法を使用する必要があります。

【09】Hygicult®コンタクトスライドの表面積はどのくらいですか?

片面は約9.4cm2、両面を合わせると約18.8cm2の表面積があります。

【10】培地がオレンジ色っぽくなっています。どうしたのでしょうか?スライドはまだ使えますか?

スライドは使用できません。最も考えられる原因は凍結です。凍結した場合、チューブに過剰な水分が含まれている可能性が高いです。

【11】まだ有効期限は過ぎていないのに、培地が扁平になっています。なぜでしょうか?このスライドはまだ使えますか?

培地の縮みがプラスチック枠の端から2mm以下で、寒天パッドのメニスカスが端にかかる程度であれば使用可能です。

【12】チューブの中に液体が入っています。液体が入っていますが、コンタクトスライドは使用できますか?

液体は、温度変化により寒天からチューブ内壁に結露した水分です。水分が水滴程度で、寒天が正常に見える場合は、コンタクトスライドを使用することができます。サンプリング後にチューブを閉じる前に、余分な水滴を振って取り除いてください。

【13】Hygicult®が「on site (現場)」で行えるというのは、実際にはどういうことなのでしょうか。

サンプリング、インキュベーション、結果の解釈を現場で行うことができ、サンプルをラボに送る必要がないため、ラボのコストも避けることができるということです。

【14】Hygicult®の廃棄は、適切な消毒液に一晩浸けておくとよいとのことですが、おすすめの消毒液はありますか?

表面の消毒を目的とした消毒剤であれば、どのようなものでも使用可能です。ただし、世界にはさまざまなブランド名の消毒剤がありますので、一概にお勧めすることはできません。施設にあるものを使用するのが一番便利です。


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO