サポート情報

Q&A

記事ID : 35523

FAQ : Ludger社製品、蛍光糖鎖タグについて

【01】 糖タンパク質からどのようにしてN-結合型糖鎖を遊離させることができますか?

N-結合糖鎖を遊離させるために一般的に使用される主な方法にはヒドラジン分解およびエンドグリコシダーゼ処理があります。
こちらで放出方法の選択等の詳細について説明しています。

pagetop

【02】 糖鎖からシアル酸が脱落するのをどうやって防ぐことができますか?

LUD社の経験では、糖鎖サンプルが純粋であるほど、シアル酸残基が脱落する可能性が高くなります。ただし、いくつかの予防法があります。
1.酸性pHと高温の組み合わせを避けます。可能な限り、pHを6-9の範囲に保ち、温度を30℃以下に保ちます。
2.遠心やロータリーで糖鎖サンプルを乾燥するときは温度を25℃以下に保つようにしてください。
凍結乾燥(フリーズドライ)はシアル酸の劣化に関しては安全ですが、真空を解除するとサンプル全体が失われる危険性が高くなります。

pagetop

【03】 糖鎖分析に最適な蛍光タグはどれですか?

以下の表は、HPLC、CE、MSによる糖鎖分析に使用されている蛍光糖鎖タグを示しています。

LUD_fluorescent-glycan-tag_1.jpg
pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO