サポート情報

Q&A

記事ID : 17917

FAQ : Genocel ™ Q&A

1. Genocel ™ シートタイプ

2. Genocel ™ ブロックタイプ

 

1. Genocel ™ シートタイプ

【1-01】 細胞シートの剥離をどのように行えばよいですか?

ピペッティングによる液流で剥離させるか、温度感応性培養皿をご使用ください。あらかじめ不織布の上に細胞播種し、培養することも可能です。

pagetop

【1-02】 膨潤したサンプルを再使用できますか?

1度膨潤させたサンプルは使い切りとしてください。膨潤後の再使用は推奨致しません。

pagetop

【1-03】 分解期間はどのくらいですか?

細胞なしの液体培地中で、55日以上形状維持することを確認しております。

pagetop

【1-04】 分解期間をコントロールできますか?

お問い合わせください。

pagetop

【1-05】 どのような細胞で培養可能ですか?

hMSC、MC3T3-E1、3T3-L1、KUM6、ラット骨髄より採取したMSCで培養可を確認しております。

pagetop

【1-06】 密度やポアサイズの異なるGenocel ™ を製造できますか?

現在は一水準ですが、変更可能です。受注対応となります。

pagetop

【1-07】 現行品以外の大きさのGenocel ™ を製造できますか?

現在は一水準ですが、変更可能です。受注対応となります。

pagetop

【1-08】 開封後、再滅菌することはできますか?

再滅菌後の物性等について保証いたしかねますので再滅菌はできません。

pagetop

【1-09】 培地交換をする必要がありますか?

2 - 3日に一度、培地交換を推奨します。

pagetop

【1-10】 臨床に使用できますか?

本品は、研究用として製造しております。臨床用途には使用できません。

pagetop

【1-11】 培養中の細胞の観察方法は?

明視野、蛍光とも、ディッシュで培養中に表面を観察可能です。培養液中あるいは、PBS中で観察してください。

pagetop

【1-12】 ゲル内培養後の切片作製が可能ですか。組織染色に推奨なプロトコルはありますか?

切片作製が可能です。凍結包埋し、5-15 µm厚で切片を作製してください。封入なし、非水溶性封入剤でも観察可能ですが、水溶性封入剤で封入する方が、良好な観察像が得られます。

pagetop

【1-13】 細胞のみを回収できますか?

コラゲナーゼを培地に添加し、37℃でインキュベートすることで、回収することが可能です。適切な濃度をご検討ください。

pagetop

 

2. Genocel ™ ブロックタイプ

【2-01】 Genocel ™ への細胞播種効率は?

細胞の多くが、Genocel ™ の繊維交点に付着します。静置播種よりも、振盪播種を用いた方が、足場内部に細胞が侵入しやすくなります。

pagetop

【2-02】 膨潤したサンプルを再使用できますか?

1度膨潤させたサンプルは、使い切りとしてください。膨潤後の再使用は推奨いたしません。

pagetop

【2-03】 分解期間はどのくらいですか?

細胞なしの液体培地中で、55日以上形状維持することを確認しております。

pagetop

【2-04】 分解期間をコントロールできますか?

お問い合わせください。

pagetop

【2-05】 どのような細胞で培養可能ですか?

hMSC、MC3T3-E1、3T3-L1、 KUM6、ラット骨髄より採取したMSCで培養可を確認しております。

pagetop

【2-06】 密度やポアサイズの異なるGenocel ™ を製造できますか?

現在は一水準ですが、変更可能です。受注対応となります。

pagetop

【2-07】 現行サイズ以外の大きさのGenocel ™ を製造できますか?

現在は一水準ですが、受注対応となります。

pagetop

【2-08】 開封後、再滅菌することはできますか?

再滅菌後の物性等について保証いたしかねますので再滅菌はできません。

pagetop

【2-09】 培地交換をする必要がありますか?

2 - 3日に一度、培地交換を推奨します。

pagetop

【2-10】 臨床に使用できますか?

本品は、研究用として製造しております。臨床用途には使用できません。

pagetop

【2-11】 培養中の細胞の観察方法は?

明視野、蛍光とも、ディッシュで培養中の足場表面を観察可能です。培養液中あるいは、PBS中で観察してください。尚、明視野観察では、細胞が足場内部まで増殖すると、透明性がなくなるため、観察しにくくなります。

pagetop

【2-12】 ゲル内培養後の切片作製が可能ですか。組織染色に推奨なプロトコルはありますか?

切片作製が可能です。凍結包埋し、5 - 15 µm厚で切片を作製してください。封入なし、非水溶性封入剤でも観察可能ですが、水溶性封入剤で封入する方が、良好な観察像が得られます。

pagetop

【2-13】 細胞のみを回収できますか?

コラゲナーゼを培地に添加し、37℃でインキュベートすることで、回収することが可能です。但し、適切な濃度をご検討ください。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO