サポート情報

Q&A

記事ID : 35579

FAQ : Vitamin C, Assay kit

【01】 試薬として使用するメタリン酸に推奨のものはありますか?

「Wako 和光特級 135-12755 Metaphosphoric Acid, Lump メタリン酸, 塊状 」がメーカー推奨品です。

pagetop

【02】 メタリン酸の溶媒は何を用いればよいですか?

精製水をお使いください。

pagetop

【03】 「ビタミンC標準原液」中にメタリン酸は入っていますか?

ビタミンCの分解を防ぐため、メタリン酸が含まれております。

pagetop

【04】 使用後のDNPHは爆発の恐れはありますか?

使用後のDNPHは溶液ですので爆発の心配はございません。

pagetop

【05】 試薬(3)DNPH を入れるタイミングが検体と検体盲検で異なる理由は何ですか?

特に理由はありませんので、検体と検体盲検で同時に入れても大丈夫です。

pagetop

【06】 メタリン酸で処理した血漿の上清は、-20℃でどのくらいの期間保存可能でしょうか?

メタリン酸処理後、1ヶ月の保存であれば問題ありません。 ただし、解凍時に分解し易いので、必ず氷上で操作して下さい。

pagetop

【07】 調製後の試料は、どの程度の時間内に測定するのが望ましいですか?

最後に室温にて30分放置後、1時間以内には吸光度を測定して下さい。

pagetop

【08】 検出限界はいくらですか?

検出限界は2.5 µg/mLです。

pagetop

【09】 検体のビタミンC濃度が高く、検量線から外れてしまいます。

検体のビタミンC濃度が高い場合には、検体の希釈をお願い致します。検体が血漿の場合は、メタリン酸で希釈して下さい。検体の最終濃度が5%メタリン酸になれば大丈夫です。

pagetop

【10】 血漿ではなく血清でも測定可能でしょうか?

血清の使用は可能ですが、ビタミンCの分解を防ぐ為、血清分離後、ただちにメタリン酸、及びEDTA(終濃度5mM)を加えることをお勧め致します。

pagetop

【11】 抗凝固剤のヘパリンを用いた血漿でも測定可能ですか?

はい、可能です。

pagetop

【12】 パルミチン酸アスコルビル(L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル)は測定可能ですか?

このキットでは測定できません。

pagetop

【13】 サンプルに含まれる2,3-ジケト-L-グロン酸の定量は可能ですか?

DNPHは2,3-ジケト-L-グロン酸とデヒドロアスコルビン酸の両方と反応する為、2,3-ジケト-L-グロン酸のみを定量することはできません。

pagetop

【14】 キット構成品の単品購入はできますか?

申し訳ございませんが、単品販売は致しておりません。

pagetop

【15】 キット構成品の組成、濃度を知りたい

申し訳ございませんが、開示不可となっております。

pagetop

【16】 酸化剤に法規制の対象となる成分は入っていますか?

いいえ。入っておりません。

pagetop

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO