最新情報

学会セミナー情報

セミナーのお知らせ 10月8日(土) (第75回日本癌学会学術総会) [終了]

本セミナーは終了しました。

第75回日本癌学会学術総会 (ランチョンセミナー21)

RNAscope®〜革新的RNA ISH技術を用いた新たな癌研究アプローチ〜

座長 : 澤島 隆 コスモ・バイオ株式会社 カスタマー・サービス部長

日時 : 10月8日(土)11:50-12:40

日時 : パシフィコ横浜 会議センター3階 311+312 (第6会場)

共催 : コスモ・バイオ株式会社/ACD ジャパン株式会社

内容 : RNAscope®を用いたバイオマーカー解析オルガノイドを用いた消化器がん研究

■ RNAscope®を用いたバイオマーカー解析

演者 : 太田 優 コスモ・バイオ株式会社 カスタマー・サービス部

要旨

RNAscope®は超高感度のRNA in situ Hybridizationであり、従来のISHでは良好に検出することができなかった発現量の低いターゲットや、ヒトの臨床検体などでも良好な結果を得ることができます。そのため、癌や神経関連など様々な分野の計550報以上の論文で使用されております。
本セミナーではRNAscope®の原理から癌関連ターゲットの染色例など実際のアプリケーション例をご紹介致します。

【特別講演】 オルガノイドを用いた消化器がん研究

演者 : 佐藤 俊朗 慶應義塾大学医学部 消化器内科

要旨

近年の次世代シークエンス解析技術により、臨床がんサンプルの包括的な遺伝子解析が可能となりました。しかしながら、様々な技術的制約から、得られた遺伝学情報の機能的な検証はマウス遺伝学や細胞株研究に頼らざるを得ませんでした。最近、組織幹細胞の3次元培養技術として開発されたオルガノイド培養は臨床がんに応用され、ゲノム編集技術の活用とともに、新しいがん研究モデルとして位置付けられるようになりました。また、オルガノイドの異種移植や臨床サンプルの高感度in situ hybridizationなどを組み合わせることにより、マウス遺伝学モデルや細胞株研究を凌駕する臨床がん研究が萌芽しつつあります。
本セミナーでは、臨床サンプルを用いたオルガノイドやRNAscope®による遺伝子発現可視化技術などの新しい研究アプローチを紹介いたします。

ランチョンセミナーは整理券制になります。
Participants for this Luncheon Seminar are requested to pick up a numbered ticket beforehand.

事前予約分整理券配布場所:事前参加登録受付
(パシフィコ横浜 会議センター2F ホワイエ)

Location for distribution of the reserved tickets : at the Registration Desk
( PACIFICO Yokohama Conference Center 2F Foyer )

当日分整理券配布場所 :ランチョンセミナー受付
(パシフィコ横浜 会議センター1F ホワイエ )

Location for distribution of the on-site tickets:at the Luncheon Seminar Reception Desk
( PACIFICO Yokohama Conference Center 1F Foyer )

当日分整理券配布日時 :
2016 年 10 月 8 日(土) 7:30 〜11:20(なくなり次第終了)

Date and time of distribution for the on-site tickets :
Saturday, Oct. 8, 2016 7:30 - 11:20( Until the supply runs out)

注意事項】整理券はセミナー開始5分後に無効となります。
Note 】 Tickets become invalid after 5 minutes the start of the seminar.

お問合せ コスモ・バイオ株式会社 製品情報部
TEL : 03-5632-9622

皆様のお越しをお待ち申し上げております。
展示会場にも是非お立ち寄りください。
コスモ・バイオの展示ブース(番号:51)は、展示会場のほぼ中央です。