商品情報

記事ID : 17350
研究用

特集:電気泳動

print このエントリーをはてなブックマークに追加

電荷を持った分子に電流を流すと、その分子は自身の電荷と反対の極に向かって移動します。この現象を電気泳動といい、ライフサイエンス分野の研究においてはDNAやタンパク質といった生体分子を分離、分析するための重要な手法の一つとなっています。

電気泳動の概要図

図1. 電気泳動
電荷を有した分子が、荷電状態により陽極、または陰極へ向かって移動する。

  • 電荷を有する分子 ⇒ タンパク質、核酸
  • 支持体 ⇒ ゲル(ポリアクリルアミド、アガロース)、セルロース膜 等

1. ポリアクリルアミドゲル電気泳動

支持体の一つであるポリアクリルアミドゲルは、アクリルアミドにN’,N’-メチレンビスアクリルアミド(BIS)が挟み込まれるように重合したもので、網目状の立体構造が形成されています。このゲルは化学的に安定で、タンパク質等の分子にほとんど反応性、吸着性を示さないという特長から、主にタンパク質の電気泳動に用いられています。

 

2. アガロースゲル電気泳動

アガロースゲルは、核酸を分離するために最もよく利用されており、その網目構造の大きさから、数十から数百KbpのDNA断片を長さや分子構造の違いで分離することが可能です。アガロースゲル電気泳動は、PCR産物の確認、DNAクローニング実験、DNAフラグメント解析のほか、サザンハイブリダイゼーションやノーザンハイブリダイゼーションを行う上で必須の手法となっています。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:電気泳動」は、下記のカテゴリーに属しています。