3月9日は試薬の日

宇田川榕菴(うだがわ ようあん)先生

日本ではじめて試薬という言葉を使った幕末の津山藩医で蘭学者の「宇田川榕菴(うだがわ ようあん)」(1798〜1846)の生誕日に因んで、一般社団法人日本試薬協会が、3月9日を『試薬の日』に制定しました。

■「試薬」という言葉の生みの親

宇田川榕菴は、天保3年(1832年)に試薬一覧の「舎密(せいみ)試薬編」を著し、ここで日本で初めて試薬という言葉を使いました。後に欧州の化学書を翻訳した「舎密開宗(せいみかいそう)」では、試薬使用凡例にかなりの試薬を挙げてその使い方や注意を記しています。
※舎密(せいみ)とは、「化学」を意味するオランダ語Chemieの字訳です。

■お馴染みの化学用語も

試薬をはじめ、「酸素、水素、窒素、炭素、白金」という元素名や、「酸化、還元、分析」といった日本における化学用語のほとんどは宇田川榕菴が考えたといわれています。

■ちなみに・・・

coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕菴が考案し蘭和対訳辞典で使用したのが最初であると言われています。津山藩のあった岡山県には、江戸時代に宇田川榕菴が使用していたコーヒー煮出し器「コーヒーカン」を復元した器でコーヒーを淹れてくれるカフェもあります。

試薬の日クイズ


全問正解者の中から抽選で
39人にコスモバイオ オリジナルグッズを含む粗品をプレゼントします!
当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【応募期間】 2018年3月9日(金)〜3月15日(木)まで ※クイズ応募は終了しました。

試薬の日 クイズ <正解回答>

1. 3月9日は試薬の日のほかにもさまざまな記念日に指定されています。次のうち、3月9日が記念日ではないのはどれでしょう?

  • a. サンキュー(39)、で「感謝の日」
  • b.「酢酸(39酸)の日」
  • c. サク(39)ッと「ビスケットの日」

正解:c. サクッとビスケットの日
ビスケットの日は2月28日。
1855年(安政2年)2月28日、パンの製法を学ぶために長崎に留学していた水戸藩士の蘭医・柴田方庵が、オランダ人から学んだパン・ビスケットの製法を書いた手紙を同藩の萩信之助に送りました。この手紙が、ビスケットの製法をしるした日本で初めての文書とされています。また、ビスケットの語源がラテン語で「2度焼かれたもの」という意味であることから、「に(2)どや(8)かれたもの」の語呂合せの意味合わせ、2月28日が「ビスケットの日」に制定されています。

2. 宇田川榕菴は幕末の蘭学者で、試薬一覧の「舎密(せいみ)試薬編」を著し、日本で初めて試薬という言葉を使ったことから、日本試薬協会がその生誕日を試薬の日に制定しました。
さて、この宇田川榕菴、ほかにもさまざまなことをした記録が残っています。次のうち記録が残っているのはどれでしょう?

  • a. コーヒーを飲んでいた
  • b. 散髪屋を営んでいた
  • c. 料理本を書いていた

正解:a. コーヒーを飲んでいた
Coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕菴が考案し欄和対訳辞典で使用したのが最初であると言われています。宇田川榕菴が範囲を務めた津山藩のあった岡山県には、江戸時代に宇田川榕菴が使用していたコーヒー煮出し器「コーヒーカン」を復元した器でコーヒーをいれてくれるカフェもあります。

3. ABO式血液型の各血液型(A型、B型、O型、AB型)の違いは何の違いでしょうか?

  • a. 血液中に含まれるヘモグロビンのサイズの違い
  • b. 血液中に含まれる赤血球表面にある糖鎖の違い
  • c. 血液中に含まれる白血球の型の違い

正解:b. 血液中に含まれる赤血球表面にある糖鎖の違い
ランドシュタイナーが1901年にABO式血液型を発見しました。それから100年近く後に、実は、この血液型は赤血球表面にある糖鎖構造の違い(しかも、末端のわずかな違い)によって決まっていることが解明されました。

4. 次のサイエンス史において、早く起こった順を示しているもので、正しいのはどれでしょう?

  • a. 月面着陸 ⇒ ペニシリンの発見 ⇒ クローン羊「ドリー」誕生
  • b. モノクローナル抗体の作製方法の発見 ⇒ クローン羊「ドリー」誕生 ⇒ ヒトゲノム配列解読完了
  • c. 月面着陸 ⇒ 顕微鏡の発明 ⇒ ペスト菌の発見

正解:b. モノクローナル抗体の作製方法の発見 ⇒ クローン羊「ドリー」誕生 ⇒ ヒトゲノム配列解読完了

顕微鏡の発明 1590年頃
ペスト菌の発見 1889-1894年
ペニシリンの発見 1928年
月面着陸 1969年
モノクローナル抗体の作製方法の発見 1975年
クローン羊「ドリー」誕生 1996年
ヒトゲノム配列解読完了 2003年

5. コスモ・バイオの取り扱う商品(研究用試薬・機器、臨床検査薬)はどのくらいあるでしょう?

  • a. 約14万品
  • b. 約1400万品
  • c. 約1億4000万品

正解:b. 約1400万品
世の中の研究動向の移り変わりにより、遺伝子関連の品ぞろえが急速に増え、2017年12月末現在、約1400万品を取りそろえています。
世界中の仕入先から最先端の商品を導入し、また当社オリジナルの製品も加え、研究者の皆様に「分かりやすさ」「安心・安全」付加価値としてご提供することを心がけてまいります。


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO