3月9日は試薬の日

3月9日は試薬の日

宇田川榕菴(うだがわ ようあん)先生

日本ではじめて試薬という言葉を使った幕末の津山藩医で蘭学者の「宇田川榕菴(うだがわ ようあん)」(1798〜1846)の生誕日に因んで、一般社団法人日本試薬協会が、3月9日を『試薬の日』に制定しました。

■「試薬」という言葉の生みの親

宇田川榕菴は、天保3年(1832年)に試薬一覧の「舎密(せいみ)試薬編」を著し、ここで日本で初めて試薬という言葉を使いました。後に欧州の化学書を翻訳した「舎密開宗(せいみかいそう)」では、試薬使用凡例にかなりの試薬を挙げてその使い方や注意を記しています。
※舎密(せいみ)とは、「化学」を意味するオランダ語Chemieの字訳です。

■お馴染みの化学用語も

試薬をはじめ、「酸素、水素、窒素、炭素、白金」という元素名や、「酸化、還元、分析」といった日本における化学用語のほとんどは宇田川榕菴が考えたといわれています。

■ちなみに・・・

coffeeの日本語表記である「珈琲」は、宇田川榕菴が考案し蘭和対訳辞典で使用したのが最初であると言われています。津山藩のあった岡山県には、江戸時代に宇田川榕菴が使用していたコーヒー煮出し器「コーヒーカン」を復元した器でコーヒーを淹れてくれるカフェもあります。

試薬の日クイズ


全問正解者の中から抽選で
39人にコスモバイオ オリジナルグッズを含む粗品をプレゼントします!
当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

【応募期間】2017年3月9日(木)〜3月15日(水)まで ※クイズ応募は終了しました。

試薬の日 クイズ <正解回答>

1. 3月9日は「試薬の日」ですが、これは日本ではじめて試薬という言葉を使った幕末の津山藩医で蘭学者の「宇田川榕菴(うだがわ ようあん)」の何に因んで選ばれたのでしょう?

  • A. 宇田川榕菴の結婚記念日
  • B. 宇田川榕菴の誕生日
  • C. 宇田川榕菴の著書「舎密試薬編」の発刊日

正解:B
2015年に宇田川榕菴の誕生日である3月9日を試薬の日に制定しました。

2. 蜘蛛(クモ)の出す糸の主成分は何でしょう?

  • A. タンパク質
  • B. カルシウム
  • C. 脂肪

正解:A
クモの出す糸の直径は約5umといわれています。クモによっては使わない糸を自ら食べることもあります。

3. 緑色の植物は、なぜ緑色にみえるのでしょう?

  • A. 緑色の光を吸収しているから
  • B. 緑色の光を反射しているから
  • C. 脳が植物は緑色であると思い込んでいるから

正解:B
私たちは物が反射する光を色として認識しています。すべての色の光を反射するものは白く見え、すべての色の光を吸収する(反射しない)ものは黒く見えます。(自ら光を発するものは除く)

4. 酸性やアルカリ性の水溶液に触れると色が変化するリトマス試験紙ですが、ある生物の名前に由来しています。その生物の名前は?

  • A. リトマス貝
  • B. リトマス草
  • C. リトマスゴケ

正解:C
現在は人工的に合成されているものがほとんどです。

5. 次のマメ科植物のなかで、土の中に実ができるものは?

  • A. 枝豆
  • B. 小豆
  • C. 落花生

正解:C
スーパーでは乾燥させたものがよく出回りますが、生の落花生を殻ごと塩茹でして食べるのがオススメです!

6. 次の生物学史において、早く起こった順を示しているもので、正しいのはどれでしょう?

  • A. 顕微鏡発明 → 遺伝の法則 → DNA二重らせんの発見
  • B. 遺伝の法則 → DNA二重らせんの発見 → 顕微鏡発明
  • C. DNA二重らせんの発見 → 顕微鏡発明 → 遺伝の法則

正解:A
1590年 顕微鏡発明 → 1865年 遺伝の法則 → 1953年 DNA二重らせんの発見