• ホーム
  • IR情報
  • 日本全薬工業株式会社との「鶏卵バイオリアクター」を用いたタンパク質製造に関する契約締結のお知らせ


IR情報

日本全薬工業株式会社との「鶏卵バイオリアクター」を用いたタンパク質製造に関する契約締結のお知らせ

このたびコスモ・バイオ株式会社(以下「当社」)は、日本全薬工業株式会社(以下「日本全薬工業(株)」)からゲノム編集ニワトリの作製を受託しましたので、お知らせいたします。

1.契約の概要等

本契約に基づき当社は、日本全薬工業(株)から製造委託を受けたゲノム編集ニワトリを作製し、そのニワトリが産卵した有用タンパク質(以下「Aタンパク質」)を大量に含む鶏卵を納品いたします。日本全薬工業(株)は、本契約の実施により得られた鶏卵に含まれるAタンパク質、および同社がAタンパク質を使用して得た知見、発明、ノウハウ等の一切の知的財産権を得ます。一方、Aタンパク質を含む卵を産卵するゲノム編集ニワトリは当社が管理します。そのため、今後日本全薬工業(株)がAタンパク質を用いて事業等を行う際には、新たに同社との間で契約を締結する予定です。

2.契約相手先の概要

(1)名 称  日本全薬工業株式会社
(2)所在地  福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1番地の1
(3)代表者の役職・氏名  代表取締役社長 福井 寿一
(4)事業内容  動物用医薬品及び医療機器等の研究開発・製造・輸出入・販売、バイオ原薬受託製造

3.契約締結予定日

2019年10月7日

4.鶏卵バイオリアクターを用いたタンパク質受託製造事業について

当社は、2019年7月より、お客様の要望するタンパク質を、鶏卵バイオリアクターを用いて大量に製造する受託サービスを開始しております(詳細は2019年6月20日の開示文書をご覧ください。https://www.cosmobio.co.jp/ir/pdf/pr_20190620.pdf)。当該受託契約は、その一つとなります。
当社は、本受託事業の拡大を通じて、鶏卵バイオリアクターを用いたタンパク質製造技術の優位性を示すことで、本技術がタンパク質製造方法として定常的に利用される技術となるよう、本技術の地位を確立させたいと考えています。
なお、本タンパク質大量製造受託サービスについては、今後も、契約相手先から了承をいただいた場合、今回のような開示を行ってまいります。

5.業績見通しに与える影響

当年度において、本委受託契約の締結1件が当社グループ全体の業績に及ぼす影響は軽微でありますが、本事業につきましては、中長期的に当社グループの収益基盤の強化と拡大に繋がるものと位置付けており、今後も引き続き事業の拡大を目指してまいります。

以上

日本全薬工業株式会社との「鶏卵バイオリアクター」を用いたタンパク質製造に関する契約締結のお知らせ PDF
PDF形式 156KB 2019年10月7日

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO