• ホーム
  • 商品情報
  • レトロウイルス パッケージング セルライン Platinumシリーズ

商品情報

研究用

高効率のレトロウイルス遺伝子導入系レトロウイルス パッケージング セルライン Platinumシリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルス導入用のウイルス作製に
レトロウイルスのパッケージングに従来用いられる細胞は、不安定でウイルス収量が比較的少ないという難点がありました。これは、細胞内のレトロウイルス構造タンパク質(gag、pol、env)の発現量が少ないためです。

Platinum細胞シリーズは長期間安定で、レトロウイルスの構造タンパク質を高収率で産生します。Platinum-E細胞は293T細胞由来でecotropicなエンベロープタンパク質を持っています。また、Platinum-A(amphotropic)、Platinum-GP(pantropic)タイプもございます。

特長

  • 高いウイルス収率:一過性トランスフェクションにおける平均力価は1×107units/mL
  • 長期安定性:薬剤選択状態で4ヶ月まで安定
  • 3タイプをご用意:ecotropic、amphotropic、pantropic

表1. 宿主によるレトロウイルスパッケージングセルラインの安定性
宿主によるレトロウイルスパッケージングセルラインの安定性

表2. 各細胞のgag, pol, envの発現
品名 品番 gag pol env
Platinum-E Retroviral Packaging Cell Line, Ecotropic RV-101
〇(ecotropic env)
Platinum-A Retroviral Packaging Cell Line, Amphotropic RV-102
〇(amphotropic env)
Platinum-GP Retroviral Packaging Cell Line, Pantropic RV-103

※パッケージセルラインPlat-E(#RV-101), Plat-A(#RV-102), Plat-GP(#RV-103)は培養開始後(解凍後)最初の3日間は培地を変えないでください。最初の24時間は、いくつかの細胞が浮いているのが正常です。

製品データ

pMX-GFPベクターで導入後、Platinum-E細胞内で産生したGFPレトロウイルス上清で 感染させた細胞
図1 pMX-GFPベクターで導入後、Platinum-E細胞内で産生したGFPレトロウイルス上清で 感染させた細胞。
左:NIH3T3細胞 右:マウスProB BaF3細胞

技術情報

レトロウイルス パッケージング セルライン Platinumシリーズ

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Platinum-E Retroviral Packaging Cell Line, Ecotropic詳細データ CBL RV-101 1 VIAL
¥150,000
Platinum-A Retroviral Packaging Cell Line, Amphotropic詳細データ CBL RV-102 1 VIAL
¥150,000
Platinum-GP Retroviral Packaging Cell Line, Pantropic詳細データ CBL RV-103 1 VIAL
¥150,000
pCMV-VSV-G Envelope Vector詳細データ CBL RV-110 10 UG
¥115,000

【ご注意】
本製品は、アカデミック・非営利団体のお客様のみご購入いただけます。企業のお客様でご購入希望の方におかれましては、恐れ入りますがライセンス契約の必要がございます。詳細はお問い合わせください。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「レトロウイルス パッケージング セルライン Platinumシリーズ」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO