商品情報

研究用

水系封入剤 - 酵素法組織染色用水系封入剤 CC/Mount™

このエントリーをはてなブックマークに追加

CC/Mount™はAECやDAB、Fast Red、BCIP/NBT、BCIP/INTのような色素およびFITCやフィコビリタンパク質のような蛍光色素を用いた標本にお使いいただる水系の封入剤です。

水系封入剤 CC/Mount

水系封入剤  フルオロマウント ・ CC/マウント


無料サンプルをご用意しております!

  営業部 03-5632-9610 までお問い合わせください。
   *無料サンプルは1研究室あたり1点のみです。

背景

AECやFast Redはそれぞれペルオキシダーゼとアルカリホスファターゼを用いた免疫染色でよく使用される色素です。しかしこれらの色素で染色されたスライドは、高屈折率の水溶性永久保存封入剤がなかったため、永久保存することはできませんでした

CC/Mount™はこの問題を解決するべく開発された試薬で、標本の色素を退色させずに永久的に保存することができます。
CC/Mount™はAECやDAB、Fast Red、BCIP/NBT、BCIP/INTのような色素およびFITCやフィコビリタンパク質のような蛍光色素を用いた標本にお使いいただけます。またCC/Mount™はpH値が高く、蛍光の安定性を上げることができます。

使用手順

  1. 試薬ボトルの赤色チップを取り除きます。
  2. 使用前に、ボトルを容器中で上下逆さまに置き、CC/Mount™の細かい気泡を取り除きます。
  3. 乾燥しないように注意しながら、組織標本から余分な水分をふき取ります。
  4. 組織切片の上にCC/Mount™を2,3滴滴下します。手首を動かしながらゆっくりとガラススライドを旋回させ、CC/Mount™の薄層を作ります。組織部分をCC/Mount™で完全に覆うようにしてください。
  5. スライドを予め70℃に温めたオーブンに入れおよそ10-20分間乾燥させます(CC/Mount™の量によって調節してください)。
  6. スライドを取り出し冷ました後、顕微鏡で観察します。
  7. 蛍光色素で染色した標本を加熱したくない場合はカバースリップをCC/Mount™の液体上にのせ、スライドを室温で45分から1時間置いてCC/Mount™を乾燥させます。

長期保存の際はカバースリップの端をマニキュア液でシールしてください。

CC/Mount™

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CC/MountTM詳細データ DBS K 002 30 ML
¥12,000
CC/MountTM詳細データ DBS K 002-200 200 ML
¥79,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「水系封入剤 - 酵素法組織染色用水系封入剤 CC/Mount™」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO