商品情報

研究用

蛍光および比色の両方で細胞生存率を測定可能CytoSelect™ 細胞生存能 / 細胞毒性アッセイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

CytoSelect™ 細胞生存能 / 細胞毒性アッセイは、細胞の代謝活性を利用して、蛍光もしくは比色で細胞の生存能をモニターすることができます。生細胞は MTT(比色)または Calcein AM(蛍光)で、死細胞はエチジウムホモダイマー(蛍光)で検出します。この3種類の試薬のほかにサポニン(細胞死発動因子)も含まれており、アッセイ前に生存能に影響を及ぼす試薬や化合物で処理し、観察・検出することも可能です。

本製品には、96ウェルプレートで96アッセイ分、24ウェルプレートで24アッセイ分の試薬が含まれています。

※ 本キットは真核細胞用です、バクテリアや酵母には使用できません。

背景

細胞生存率アッセイ

細胞増殖の測定およびモニタリングは、細胞ベースの研究に取り組む研究室では不可欠な技術です。細胞増殖測定の技術によって、細胞培養条件の最適化、ならびにサイトカイン、成長因子、またはホルモン活性の決定を行うことが出来ます。さらに重要なことは、毒性試験における抗がん剤の細胞増殖抑制能、薬物スクリーニングでの治療薬剤の有効性、細胞介在性細胞傷害は、細胞増殖の測定・モニタリングによって評価することできます。

細胞生存率は細胞の代謝活性や細胞膜の完全性に特徴付けられます。代謝活性を測定する方法の一つは、MTT などのテトラゾリウム塩で細胞をインキュベートすることです。MTTは、代謝活性を有する細胞によってホルマザン産物へ切断されます。緑色蛍光の カルセイン AM (Calcein AM)は、細胞生存率の別の指標である細胞内のエステラーゼ活性を測定できる試薬です。生細胞は、非蛍光性で細胞透過性のカルセインAM(calcein acetoxymethyl)色素を、高い蛍光を発するカルセイン(calcein)へと変換します。切断されたカルセインは、細胞中にとどまります。一方、エチジウムホモダイマー(Ethidium homodimer;EthD-1)は、死細胞を測定するための優れたマーカーです。EthD-1は、損傷した細胞膜に浸透することができる赤色蛍光色素です。EthD-1は、ssDNA、dsDNA、RNA、オリゴヌクレオチド、および triplex DNAと結合すると、40倍増強した蛍光を発します。色素は、細胞との相互作用前においては事実上非蛍光性であるため、バックグラウンド蛍光は非常に低レベルです。この 検出方法は、従来の51Cr放出アッセイやトリパンブルー法と比較して、細胞生存率または細胞毒性を決定するためのより効率的で、安全で、安価で、より感度の高い手法です。

特長

  • 多用途
    : 顕微鏡、マイクロプレートリーダー、フローサイトメトリーで検出できます。
  • 定量的
    : 蛍光プレートリーダーで生細胞/死細胞を、吸光マイクロプレートリーダーで生細胞を定量できます。

構成内容

  • MTT溶液
  • Calcein AM (500X)
  • エチジウムホモダイマー (EthD-1) (500X)
  • サポニン (100X)
  • 界面活性剤溶液

アッセイ例

アッセイ例

ヒト包皮線維芽細胞の細胞生存率
図.ヒト包皮線維芽細胞の細胞生存率
50,000 cells/well の BJ-TERT 細胞を24 時間培養し、それからサポニン処理、未処理を行った。その後 Calcein AM またはMTT、EthD-1 で染色した。

CytoSelect™ 細胞生存能 / 細胞毒性アッセイ

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
CytoSelectTM Cell Viability and Cytotoxicity Assay詳細データ CBL CBA-240 1 KIT
[96 assays]
¥59,000
CBL_bnr_05.jpg Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧 セルベースアッセイ商品 ウイルス発現商品 幹細胞研究商品 酸化ストレス / 酸化損傷商品 代謝研究商品 Cell Biolabs(セルバイオラボ)社商品一覧
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CytoSelect™ 細胞生存能 / 細胞毒性アッセイ」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO