• ホーム
  • 商品情報
  • CD45抗体を用いた、フローサイトメトリーによるイムノフェノタイピング

商品情報

記事ID : 42333
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 5月号_3 CD45抗体を用いた、フローサイトメトリーによるイムノフェノタイピング

このエントリーをはてなブックマークに追加

aat-bioquest-news-202105-3-abd_01.png

図1.CD45-PE、CD45-APC、CD4-FITC、CD3-APCを用いたPBMCのフローサイトメトリー分析(単一および二重の蛍光色素を使用)。
密度プロット(左端)を用いて、他の細胞集団からリンパ球をゲートアウトした。ヒストグラムプロット(右上)と密度プロット(右下)は、それぞれ単一および複数の蛍光色素を用いた染色に使用した。

CD45は、プロテインチロシンホスファターゼ、レセプタータイプC(PTPRC)または白血球共通抗原(LCA) としても知られ、すべての分化した造血細胞の表面に発現している膜貫通型のレセプタータイプのチロシンホスファターゼです。

フローサイトメトリーによるイムノフェノタイピングにおいて、CD45抗体は免疫細胞分化の表現型マーカーとして広く使用されています。CD45は、T細胞受容体シグナル伝達経路、サイトカイン伝達経路の負の制御、外因性アポトーシスシグナル伝達経路の正の制御など、重要な細胞経路の構成要素となっています。

また、多くの生物において、造血幹細胞の移動を促進したり、サイトカイン介在性シグナル伝達経路の抑制因子として働いたり、タンパク質チロシンホスファターゼ活性を高めたりします。
抗ヒトCD45抗体は、フローサイトメトリーが多くの研究室で主流となっていることから、注目度が高まっています。

Resources & Information

aat-bioquest-news-202105-3-abd_02.png

図2.PBMCから分離したリンパ球のシングルパラメータヒストグラム。
PBMCの細胞表面抗原をPE標識CD45抗体(1µg/mL) でラベリングした。ラベリングされた細胞はリンパ球にゲートされ、ACEA NovoCyteフローサイトメーターで分析された。緑:CD45-PE、青:マウスIgG-PE、赤:染色なし

 

各種蛍光色素で標識された抗ヒトCD45抗体を多数ご用意しております。
こちらのページもご覧ください。お見積等ご要望がございましたらお問合せください。

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「CD45抗体を用いた、フローサイトメトリーによるイムノフェノタイピング」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO