商品情報

記事ID : 42644
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 6月号_2ATPアッセイキット:シグナル半減期と感度

このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞数と発光シグナルの比較
図1.細胞数と発光シグナルの比較。
異なるJurkat細胞数をReadiuse™ Rapid Luminometric ATP Assay Kit (品番:21601) を用いて96ウェル白プレートにて測定した。
15分または2時間のインキュベーション後、発光シグナルと細胞数の間には線形関係(r2>0.99)が見られた。
このキットでは最小50個の細胞を検出することができ、発光シグナルの半減期は2時間以上です。

アデノシン三リン酸(ATP)は、細胞エネルギー、代謝調節、細胞内シグナル伝達において基礎的、根本的な役割を果たしています。細胞エネルギーの基本単位であるATPは、ほとんど全ての細胞現象に関与しており、ミトコンドリア(ATP産生と細胞エネルギー供給の主要部位)の研究では習慣的に測定されています。

ATP測定の一般的な用途としては、細胞の生存率や細胞毒性だけでなく、表面に付着した細菌の検出、水中の細菌の定量、食品の品質や汚染検査などがあります。最もポピュラーなルミネッセントATPアッセイは、生物発光検出法を用いてATPとADPを測定し、ADP/ATP比の変化は、細胞死と生存率の異なるモードを区別するために使用されています。

これらのアッセイを使用する上での大きな課題の1つは、(従来のアッセイに見られた)シグナル安定性の欠如です。シグナルの半減期が短いため、データ収集が難しく、条件検討も難しくなります。
このため、どの分野の研究でも、ATPアッセイを選択する際には、シグナルの強さと持続時間の両方が最優先事項となります。

Resources & Information

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
ReadiuseTM Rapid Luminometric ATP Assay Kit詳細データ ABD 21601 1 KIT
[100 Tests]
¥20,000
PhosphoWorksTM Luminometric ATP Assay Kit *Bright Glow*詳細データ ABD 21610 1 KIT
[1 Plate]
¥30,000
PhosphoWorksTM Colorimetric ATP Assay Kit詳細データ ABD 21617 1 KIT
[100 Tests]
¥87,000
PhosphoWorksTM Fluorimetric ATP Assay Kit詳細データ ABD 21620 100 TEST
¥87,000
Cell MeterTM Live Cell ATP Assay Kit詳細データ ABD 23015 100 TEST
¥72,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ATPアッセイキット:シグナル半減期と感度」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO