商品情報

記事ID : 42788
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 7月号_9DABよりも安全なIHC用色素"Stayright™ Purple"

このエントリーをはてなブックマークに追加

HeLa細胞の増殖に対する細胞毒性効果の比較
図1.HeLa細胞の増殖に対するStayright™ Purple (品番:45905) とDABの細胞毒性効果の比較。
WST-8アッセイにて、各色素で処理後の細胞生存率を測定した。
IC50値を比較すると、Stayright™ PurpleはDABに比べて細胞毒性が大きく低下していることがわかる。

免疫組織化学(Immunohistochemistry: IHC)は,タンパク質の発現や局在を組織の形態と関連づけて観察するために用いられる手法です。3,3'-ジアミノベンジジン(DAB)は,安価で感度が高く、日常的に使用できることから最も一般的なIHC用色素として使用されてきました。しかしDABには変異原性があり、実験従事者や環境に悪影響を及ぼすことが明らかになっています。さらに、高濃度では細胞に細胞毒性を示すことも知られています。

この問題に対処するため、AAT Bioquest社は、DABよりもはるかに安全なIHC用色素として、新しいStayright™ Purpleを開発しました。Stayright™ Purpleは、HRPの存在下で、DABと同様に高感度で、クリーンかつ濃紫色の染色を迅速かつ簡便に行うことができます。
Stayright™ PurpleのHRP基質も細胞毒性が低く、非変異原性です。紫色の最終産物は有機溶媒や有機マウントメディアに不溶なため、脱水やカバースリップのステップを経ても明瞭な紫色の染色を維持することができます。
この色素はペルオキシダーゼ(HRP)を用いた免疫組織化学(IHC)やin situ hybridization(ISH)の染色法に適しています。

Resources & Information

aat-bioquest-news-202107-9-abd_02.png図2.Stayright™ PurpleとDABの発色の比較。 
ホルマリン固定しパラフィン包埋したの肺腺癌組織を用いた。一次抗体として抗体EpCAM抗体、二次抗体としてポリHRP結合ヤギ抗ウサギIgGを用いて処置を行った。その後、Stayright™ Purple HRP Staining Kit (品番:45905)(左)またはDAB(右)で発色した。
また、細胞をヘマトキシリンでカウンターステインした。

【関連ページ】

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
StayrightTM Purple詳細データ ABD 45905 5 ML
¥20,000
ReadiUseTM StayrightTM Purple *HRP Chromogen Premixed with Hydrogen Peroxide*詳細データ ABD 45900 5 ML
¥41,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「DABよりも安全なIHC用色素"Stayright™ Purple"」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO