商品情報

記事ID : 42935
研究用

AAT Bioquest NEWS 2021年 9月号_2Live/Dead 細胞生存率アッセイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

aat-bioquest-news-202109-2-abd_01.png
図.フローサイトメトリーによる生存率の検出。
Live or Dead™ Fixable Dead Cell Staining Kits *Blue Fluorescence* (品番:22600) を用いてJurkat細胞の生存率を検出した。
細胞を3.7%ホルムアルデヒドで固定後、フローサイトメトリーで解析した。生細胞(緑)と死細胞(加熱処理、赤)はPacific Blueチャンネルで区別された。
生細胞集団と死細胞集団は容易に区別され、未固定の細胞を用いても同様の結果が得られた。

細胞の生存率を定義するパラメーターとして、細胞膜の完全性、ミトコンドリアの膜電位(ΔΨm)、細胞内のエステラーゼ活性などがありますが、これらを総合的に用いることで、生細胞と死細胞の区別、細胞の生存率の決定、化合物の細胞毒性のスクリーニングなどが可能になります。

これらのパラメータは、生細胞エステラーゼ基質と細胞不透過性DNA結合色素の2つの蛍光試薬を組み合わせて、サンプル集団内の生細胞と死細胞を2色で識別する、AAT Bioquest社のLive or Dead™ Cell Viability Assayの検出原理の基礎となるものです。
また、フローサイトメトリーの読み値から生細胞と死細胞の集団を区別するためのLive or Dead™ Fixable Dead Cell Staining Kitもございます。

【関連ページ】

商品情報

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Live or DeadTM Fixable Dead Cell Staining Kit *Blue Fluorescence*詳細データ ABD 22600 1 KIT
[200 Tests]
¥30,000
Live or DeadTM Cell Viability Assay Kit *Red/Blue Dual Fluorescence*詳細データ ABD 22788 1 KIT
[200 Tests]
¥62,000
pagetop

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Live/Dead 細胞生存率アッセイ」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO