商品情報

記事ID : 43729
研究用

AAT Bioquest NEWS 2022年 6月号_2 安定した高感度cAMPアッセイキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cyclic Adenosine Monophosphate(cAMP) は 多くの生物で利用される重要なセカンドメッセンジャーです。cAMPは細胞内シグナル経路の活性化を受けて合成され、プロテインキナーゼやイオンチャネルの活性化を制御するシグナルを媒介します。
cAMP量を測定することは、受容体の活性化の評価や受容体特性評価、受容体−リガンドの組み合わせ特定などに役立ちます。そのためcAMP量の測定アッセイは、cAMP依存経路を下流に持つGPCRの研究にしばしば利用されます。

AAT Bioquest社(ABD)のScreen Quest™シリーズでは、複数のcAMPアッセイキットを開発しており、研究者様に多くの選択肢を提供できるよう務めております。
ABD社のcAMPアッセイキットの中では、特にELISA cAMP Assay kitがご好評をいただいております。こちらの製品は、比色法と蛍光法の2種類のご用意があり、アセチル化も不要で、Amplite® 基質を用いてcAMP量を検出可能です。

高い感度が求められる実験では、Screen Quest™ FRET No Wash cAMP Assay Kitがおすすめです。こちらは、時間分解型の測定方式を採用しており、バックグラウンドを最小限まで抑えたキットとなっております。

製品の選び方や実験に関するご相談は、お気軽にお問い合わせください。

aat_bioquest_news_202206_1_abd_01.jpg
引用
BTECとcAMPの関係
BTECの遊走の減少がcAMP量の増加に依存することを示した実験。
本研究にはScreen Quest™ Colorimetric ELISA cAMP Assay Kitをはじめ、様々なアッセイが使用されています。
出典:Avanzato et al., Scientific Reports (2016) 'Activation of P2X7 and P2Y11 purinergic receptors inhibits migration and normalizes tumor-derived endothelial cells via cAMP signaling'

商品情報

関連ページ

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「安定した高感度cAMPアッセイキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO