商品情報

ROS Brite™は、酸化ストレスを測定する蛍光プローブで、ROSにより酸化を受けて蛍光を発します。

ABD_ros_banner.gif

背景

活性酸素種(ROS;Reactive oxygen species)は、酸素を含む科学的に反応性の分子で、スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、一重項酸素、過酸化物などがあります。ROSは原子価殻に不対電子を含んでいるため、反応性が非常に高い状態にあります。ROSは、酸素の通常の代謝の自然な副産物として形成され、細胞シグナリングや恒常性に重要な役割を果たしています。しかし、環境ストレス(UVや熱)を受けると、ROSレベルは劇的に上昇し、細胞の構造に重大な損傷を引き起こします。これらの事象は累積的に酸化ストレスとして知られています。ROSは、電離放射線のような外生源からも生成されます。酸化ストレスの条件下では、ROSの生成が劇的に増加し、膜脂質、タンパク質、核酸を変化させます。これらの生分子の酸化損傷は老化だけでなく、アテローム性動脈硬化症、発癌、虚血性再灌流損傷、神経変性障害のような様々な病因に関係しています。

仕様

品名 品番 蛍光 Ex/Em(nm) アッセイ*1 細胞透過
ROS Brite™ 570 16000 オレンジ 556/566 セルベース 透過
ROS Brite™ 670 16002 近赤外 650/666 セルベース 透過
ROS Brite™ 700 16004 近赤外 680/706 in vivo 不透過
*1:セルベースアッセイの試薬は、従来の蛍光顕微鏡、ハイコンテントイメージング、マイクロプレート蛍光測定、フローサイトメトリーでご使用いただけます。

測定データ

ROS Brite™ 570、ROS Brite(TM) 670、ROS Brite(TM) 700の蛍光スペクトル(PBS(pH7.2)溶液)
図1 ROS Brite™ 570、ROS Brite™ 670、ROS Brite™ 700の蛍光スペクトル(PBS(pH7.2)溶液)

ROS Brite(TM) 570の各種ROSに対する応答性
図2 ROS Brite™ 570の各種ROSに対する応答性

FAQ

マウスやラットでの使用に最適なROS試薬はどれですか?

小動物のin vivoイメージングには、ROS Brite™700 (品番:16004) のご使用をお勧めします。最適な投与量を決定するには、さまざまな濃度でテストすることをお勧めします。
Sebastianらは、マウスのin vivoイメージングにROS Brite™700を使用しました (Sebastian et al., Gastroenterology 2015 Jul;149(1):177-189)。彼らは、終濃度10µg / g body weight を静脈内投与し20分間放置後、試験に用いています。

新規のROSプローブ ROS Brite™

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
ROS BriteTM 570 *Optimized for Detecting Reactive Oxygen Species (ROS)*詳細データ ABD 16000 1 MG
¥46,000
ROS BriteTM 670 *Optimized for Detecting Reactive Oxygen Species (ROS)*詳細データ ABD 16002 1 MG
¥46,000
ROS BriteTM 700 *Optimized for in Vivo Imaging*詳細データ ABD 16004 1 MG
¥46,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


メーカー・代理店一覧

サポート情報

SNSアカウント

© COSMO BIO