商品情報

記事ID : 33442
研究用

1p/19q 分析の代替に、diffuse glioma における ATRX 変異を IHC で検出神経膠腫(グリオーマ)研究用 抗 ATRX 抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

本商品は、ヒト FFPE 組織検体の ATRX を検出することができる、モノクロ―ナル抗体です。

背景

びまん性神経膠腫 (diffuse glioma) のサブタイプを判断する際には、ATRX 変異、IDH1 変異、および染色体 1p/19q 共欠損が主要な分子因子となります。神経膠腫における ATRX 変異では核内 ATRX 発現の欠損が生じ、これは免疫組織化学 (IHC) で判断することができます。IDH1 変異腫瘍では、ATRX 発現減少と 1p/19q 共欠損とが、ほぼ逆相関な関係にあるため、労力と時間を要する 1p/19q FISH 分析に代わり、高感度な抗 ATRX 抗体を利用した免疫組織化学によって代替できます。 星状細胞腫や乏突起神経膠腫を診断において、ATRX やIDH1 R132H の免疫組織化学 (IHC) を最初に行い、分子パラメータを段階的に分析し、その後 1p/19q 分析とIDH配列決定を行うことで、確定診断に必要な多数の分子試験を減らすことができるともいわれています(Reus et al., 2015)。

特長

タイプ マウスモノクローナル
クローン No. AX1
アイソタイプ IgG1/κ
交差種 ヒト
抗原 Recombinant protein fragment of human ATRX
特異性 ATRX
性状 Lyophilized powder
適用 Immunohistochemistry (Paraffin-embedded Sections)

製品データ

FFPE神経膠腫におけるヒトATRXの免疫組織化学

免疫組織化学(IHC)により、神経膠腫のATRX変異や核内ATRX発現の減少(図1.A)を明らかにすることができます。 ATRX発現の減少と1p/19q共欠損とが同時に生じることはほとんどありません。

A

パラフィン包埋グリオーマ組織の免疫組織染色_1

B

パラフィン包埋グリオーマ組織の免疫組織染色_2
 

図1. Anti ATRX 抗体(品番:DIA-AX1, クローンAX1)をパラフィン包埋グリオーマ組織の免疫組織化学染色
A: 1p/19q 共欠損神経膠腫における抗-ATRX抗体クローンAX1の強い核内反応
B:染色体 1p/19q には変化がない神経膠腫 FFPE 検体において抗 ATRX 抗体を用いた免疫組織化学により ATRX タンパク質の欠損を確認

参考文献

  1. Reuss DE et al. ATRX and IDH1-R132H immunohistochemistry with subsequent copy number analysis and IDH sequencing as a basis for an “integrated” diagnostic approach for adult astrocytoma, oligodendroglioma and glioblastoma. Acta Neuropathol. 129(1):133-146, 2015
  2. Leeper HE et al. IDH mutation, 1p19q codeletion and ATRX loss in WHO grade II gliomas. Oncotarget 6(30): 30295-05, 2015
  3. Cai J et al. Detection of ATRX and IDH1-R132H immunohistochemistry in the progression of 211 paired gliomas. Oncotarget 7(13): 16384-95, 2016
  4. Takano S et al. Immunohistochemistry on IDH 1/2, ATRX, p53 and Ki-67 substitute molecular genetic testing and predict patient prognosis in grade III adult diffuse gliomas. Brain Tumor Pathol. 33(2):107-116, 2016
  5. Ebrahimi A et al. ATRX immunostaining predicts IDH and H3F3A status in gliomas. Acta Neuropathol Commun. 4(1):60, 2016
  6. Ikemura M et al. Utility of ATRX immunohistochemistry in diagnosis of adult diffuse gliomas. Histopathology 69(2): 260-267, 2016
  7. Liu N et al. Immunostaining of IDH1 R132H and ATRX proteins in the classification of adult glioblastomas. Int J Clin Exp Pathol 9(12): 12849-54, 2016

神経膠腫(グリオーマ)研究用 抗ATRX抗体

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti ATRX, Human (Mouse) , AX1詳細データ DNV DIA-AX1 0.5 ML
¥97,000

 

関連製品

神経膠腫の分類に有用なマーカー抗体

■IDH1 R132H

2016 年の WHO 分類において、IDH1 R132H の免疫組織化学は神経膠腫の病理診断ターゲットとして推奨されています。IDH1 R132H (品番:DIA-H09,クローン:H09)は、予後マーカーとしても注目されています。
本抗体のより詳細な情報は、 星状細胞腫および希突起グリオーマ 脳腫瘍細胞マーカー IDH1R132H 抗体をご参照ください。

Anti IDH1 R132H抗体で染色した希突起グリオーマにより浸潤した皮質

図2. Anti IDH1 R132H抗体で染色した希突起グリオーマにより浸潤した皮質

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti IDH1 R132H, Human (Mouse) Unlabeled, H09詳細データ DNV DIA-H09 0.5 ML
¥158,000
Anti IDH1 R132H, ready-to-use, Human (Mouse) Unlabeled, H09詳細データ DNV DIA-H09-L 8 ML
¥158,000

■p53

p53 と 1p/19q 欠損は相関しないことが示されており、1p/19q の FIS H分析をしない場合にも ATRX と p53 の IHC が有用であることが示唆されており、p53 をマーカーとすることもご検討いただけます。

p53抗体使用データ

図3. Anti p53抗体(品番:DIA-530,クローン:CC53)で染色した FFPE びまん性神経膠腫 (diffuse glioma)組織、希釈率:1:100〜1:200

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti p53, Human (Mouse) , CC53詳細データ DNV DIA-530-P05 0.5 ML
¥69,000
Anti p53, Human (Mouse) , CC53詳細データ DNV DIA-530-P1 1 ML
¥130,000

■Ki-67

IDH 野生型神経膠腫では優性的に Ki-67 が高レベルであるのに対し、原発性神経膠芽腫での IDH1 変異は Ki-67 が低レベルであることと関連しています。分裂指数と IDH 野生型腫瘍の結果とは有意に関連します。

Anti Ki-67抗体

図4. Anti Ki-67抗体(品番:DIA-670,クローン:Ki-67Pで染色した FFPE びまん性神経膠腫 (diffuse glioma)組織、希釈率:1:100〜1:200

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti Ki67/MIB1, Human (Mouse) , Ki-67P詳細データ DNV DIA-670-P05 0.5 ML
¥69,000
Anti Ki-67/MIB1, Human (Mouse) , Ki-67P詳細データ DNV DIA-670-P1 1 ML
¥93,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO