• ホーム
  • 商品情報
  • 星状細胞腫および希突起グリオーマ 脳腫瘍細胞マーカー IDH1R132H抗体

商品情報

研究用

星状細胞腫および希突起グリオーマ 脳腫瘍細胞マーカー IDH1R132H抗体

このエントリーをはてなブックマークに追加

IDH1R132H抗体 クローンH09は、星状細胞腫および希突起グリオーマ脳腫瘍細胞のマーカーである、IDH1R132Hポイントミューテーションを特異的に検出します。

背景

イソクエン酸デヒドロゲナーゼ(IDH)1コドン132のヘテロポイントミューテーションは約70%の星状細胞腫および希突起グリオーマ組織で認められます。このミューテーションは特定の脳腫瘍があるところに高頻度に分布しているので、免疫組織染色により未分化星状細胞腫(anaplastic astrocytoma)を初期の神経膠芽腫(primary glioblastoma)から識別したり、びまん性星状細胞腫(diffuse astrocytoma WHO grade 2)を毛様細胞性星膠腫(pilocytic astrocytoma)や上衣腫(ependymoma)から識別するなど、様々な腫瘍細胞の高感度かつ特異的な判別を可能にします。

注目いただきたいのは、IDH1ミューテーションによる反応性神経膠症(reactive gliosis)かの腫瘍の浸潤境界の識別です。本抗体クローンH09は腫瘍の分類や腫瘍浸潤細胞の検出にお使いいただけます。

クローンH09は、星状細胞腫および希突起グリオーマ脳腫瘍細胞のマーカーである、IDH1R132Hポイントミューテーションを特異的に検出します。

IDH1R132H ミューテーション特異的脳腫瘍ワクチンの開発が、Dianova 社の本 IDH1R132H 抗体に対する国際的な関心を高めています。最近の雑誌 Nature において、ドイツのがん研究者らが、このワクチンがマウスの腫瘍増殖を阻んだと報告しています。 IDH1/2 のミューテーションは、グリオーマの予後マーカーとして知られているので、原発性脳腫瘍の診断的評価のためのIDH試験を確立することを目的とした手引きが提供されています。

染色プロトコールや画像を掲載した 専用ウェブページ外部リンク ができました。

特長

  • IDH1R132Hポイントミューテーションがおきたシングルセルを特異的に染色
  • FFPE染色可能
  • すぐにご使用いただける希釈済み抗体(品番: DIA-H09-L)をご用意

アプリケーション例

ホルマリン固定パラフィン包埋(FFPE)組織切片のIDH1R132H染色

データ提供:Prof. Dr. A. von Deimling, Department of Neuropathology, Institute of Pathology, Ruprecht-Karls-University, Heidelberg, Germany / References:

図1
図1 GFAP(glial fibrillary acidic protein)(赤色)とIDH1R132H(茶色)の希突起グリオーマ(oligodendroglioma)浸潤箇所の二重染色。

図2
図2 退形成性乏突起星細胞腫(anaplastic oligoastrocytoma)の腫瘍中心を染色

図3
図3 IDH1R132H変異のびまん性星状細胞腫(diffuse astrocytoma)(左)と野生型腫瘍(右)を染色

図4
図4 浸潤性神経膠腫を本抗体で染色し、未分化星状細胞腫(anaplastic astrocytoma)の浸潤箇所を示す。

図5
図5 腫瘍中心から離れた白質のシングルセルを同定

図6
図6 本抗体で染色した希突起グリオーマにより浸潤した皮質

参考文献

  1. Capper D et al. Monoclonal antibody specific for IDH1 R132H mutation. Acta Neuropathol. 118(5): 599-601, 2009
  2. Capper D et al. Characterization of R132H mutation-specific IDH1 antibody binding in brain tumors. Brain Pathol. 20(1): 245-254, 2010
  3. Preusser M et al. IDH testing in diagnostic neuropathology: review and practical guideline article invited by the Euro-CNS research committee. Clinical Neuropathology, 30(5):217-230, 2011
  4. Van den Bent MJ et al. Interlaboratory comparison of IDH mutation detection. J Neurooncol 112:173–178, 2013
  5. Schumacher T et al. A vaccine targeting mutant IDH1 induces antitumour immunity. Nature 2014, DOI:10.1038/nature13387

IDH1R132H抗体

凍結乾燥品(品番: DIA-H09) および 希釈済み抗体(品番: DIA-H09-L)をご用意しております。

品番 DIA-H09 DIA-H09-L
特異性 ヒト IDH1 R132H ポイントミューテーション
種反応性 ヒト
免疫動物 マウス
アイソタイプ IgG2a
クローン H09
タイプ モノクローナル
アプリケーション
  • 免疫組織化学(IHC)
  • 免疫組織化学(FFPE: ホルマリン固定パラフィン包埋)
  • ウェスタンブロット
コンジュゲーション なし
推奨希釈倍率 免疫組織化学(IHC) 1:20
ウェスタンブロット 1:500
希釈済み
免疫組織化学(IHC、FFPE)に希釈せずに使用できます
形状 凍結乾燥品 液体(Ready-to-use)
2% BSA, 0.05% NaN3
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti IDH1 R132H, Human (Mouse) Unlabeled, H09詳細データ DNV DIA-H09 0.5 ML
¥158,000
Anti IDH1 R132H, ready-to-use, Human (Mouse) Unlabeled, H09詳細データ DNV DIA-H09-L 8 ML
¥158,000

IDH1抗体

IDH1R132H抗体(品番: DIA-H09/DIA-H09-L)のコントロールとしてご使用いただけます。

品番 DIA-W09
特異性 ヒト IDH1(野生型 および ポイントミューテーション)
種反応性 ヒト
免疫動物 ラット
アイソタイプ IgG2a
クローン W09
タイプ モノクローナル
アプリケーション
  • 免疫組織化学(IHC)
  • 免疫組織化学(FFPE: ホルマリン固定パラフィン包埋)
  • ウェスタンブロット
コンジュゲーション なし
推奨希釈倍率 免疫組織化学(IHC) 1:20
ウェスタンブロット 1:500
形状 凍結乾燥品
品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti IDH1, Human (Rat) , W09詳細データ DNV DIA-W09 0.5 ML
¥81,000

関連情報

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO