商品情報

研究用

細胞の完全性確認用の赤色蛍光プローブAPOPTRAK™

このエントリーをはてなブックマークに追加

本製品はDRAQ5™の化学誘導体です。無傷細胞と傷害細胞の両方に取り込まれる新規な細胞プローブで、各細胞膜の相対的な完全性を確認できます。本製品はアポトーシスアッセイに有用です。

特長

本製品の利点は親化合物が近赤外にスペクトル特性を有しながら、生細胞への流入速度が著しく異なる点にあります。本製品は生細胞には緩慢に、アポトーシス細胞には迅速に取り込まれるため、これら2つの集団を陽性判定することが可能です。

  • 生細胞とアポトーシス細胞への流入速度が異なり、フローサイトメトリーで陽性判定が可能。
  • 簡便 - 溶解、洗浄、RNase処理不要。
  • GFP, FITC標識との併用に最適 – 本製品の蛍光は近赤外領域(Ex/Em = 633 or 647 nm/700.5 nm)。
  • Annexin V染色による確認で細胞片に陰性。

使用例

フローサイトメトリーでリンパ腫のアポトーシスを観察するため細胞を本製品とAnnexin V-FITCで染色

  1. 染色する細胞を準備します。遠心により細胞を冷PBSで洗浄します。試験管内で1 x 106 / mLの濃度となるよう細胞を結合バッファーで再懸濁します。
  2. 100 µLの細胞懸濁液を丸底チューブに移します。
  3. 1 mM APOPTRAK™(供給時)を5 µLと、Annexin V-FITC(オプション)を5 µL加えます。
  4. 陰性コントロールとして色素の代わりに5 µLのPBSを添加した細胞を用意します。
  5. ボルテックスで穏やかに混和し、暗所、室温で15分間インキュベートします。
  6. 各サンプルを400 μLの結合バッファーで希釈します。
  7. サンプルはフローサイトメトリーで分析するまで氷冷で1時間は保存できます。
    *本プロトコルはAPOPTORAK™の最終濃度を50 µMとしています。細胞の種類、用いる抗体や他のマーカーに応じ、予試験で至適濃度(10〜50 µM)を確認してください。

アポトーシス細胞を少量含むB細胞リンパ腫へのAPOPTRAK取り込み
図1 アポトーシス細胞を少量含むB細胞リンパ腫へのAPOPTRAK取り込み
細胞はFITC-Annexin Vで二重染色した

参考文献

Wiltshire M, Patterson LH, Smith PJ. A deep red/low infrared fluorescent cytometric probe, DRAQ5NO, for the discrimination of intact nucleated cells in apoptotic cell populations. Cytometry 2000; 39:217-223

APOPTRAK™

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
APOPTRAKTM詳細データ BSU AP10100 100 UL
[1mM]
販売終了
APOPTRAKTM詳細データ BSU AP10500 500 UL
[1mM]
¥58,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO