商品情報

記事ID : 35895
研究用

セルラーゼ "オノズカ" R-10(Trichoderma viride由来)Cellulase "Onozuka" R-10 from Trichoderma viride

Trichoderma viride" data-hatena-bookmark-layout="standard-balloon" data-hatena-bookmark-lang="ja" title="このエントリーをはてなブックマークに追加">このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

セルラーゼ “オノズカ” R-10は、Trichoderma viride 由来の高いセルロース活性を持つ多成分セルラーゼで(1)、一般的にセルラーゼは天然のセルロース(ろ紙など)や人工セルロース(カルボキシメチルセルロースなど)を分解します。また、セルラーゼは、セルロース、リケニン、穀物のβ-D-グルカンの1,4-β-D-グルコシド結合を加水分解します。自然界では、セルロースは、他の成分、例えば、ヘミセルロース、リグニンおよびペクチンと関連して発見されます。
SERVA社のセルラーゼはこれらの成分を分解し、細胞壁を分解するのを助ける、多くの活性を含みます。α-アミラーゼは、3つ以上の1,4-α-結合D-グルコース単位を含む多糖の1,4-α-グルコシド結合を加水分解します。ペクチナーゼはガラクチュランの1,4-α-Dガラクトシドロン結合をランダムに切断します。ヘミセルラーゼおよびプロテアーゼ活性も同様に含有されます。

製品仕様

最適温度 50 - 60℃
最適pH pH 4 - 5
ユニット定義 1U: 1 μmoleのカルボキシメチルセルロース由来のグルコースを40℃、pH4.5の条件下で分解。グルコースはアルカリ銅試薬で決定(3)
その他の活性 α-アミラーゼ、ペクチナーゼ、プロテアーゼ、ヘミセルラーゼ

適用

Macerozyme R-10(品番:28032)と組み合わせて植物のプロトプラストの作製に(2)

参考文献
  1. Beldman, G. et al. (1985) Eur. J. Biochem. 146, 301-8
  2. Potrykus, J. & Shillito, R.D. (1986) Methods Enzymol. 118, 549-78
  3. Okada, G. (1988) Methods Enzymol. Vol. 160, 259-63
  4. Lendl & Bauer (1989) Zell- und Gewebekultur, Gustav Fischer Verlag, 147ff.

セルラーゼ “オノズカ” R-10 (Trichoderma viride由来)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Cellulase ≫Onozuka R-10≪ from Trichoderma viride ca. 1 U/mg Trichoderma viride 詳細データ SER 16419 2.5 G
¥28,000
Cellulase ≫Onozuka R-10≪ from Trichoderma viride ca. 1 U/mg Trichoderma viride 詳細データ SER 16419 10 G
¥92,000
Cellulase ≫Onozuka R-10≪ from Trichoderma viride ca. 1 U/mg詳細データ SER 16419 50 G
お問い合わせ

セルラーゼ “オノズカ” RS

セルラーゼ “オノズカ” R-10 よりも3倍のキシラナーゼ活性をもつセルラーゼです。

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO