商品情報

記事ID : 11834
研究用

Wnt パスウェイ関連

このエントリーをはてなブックマークに追加

カノニカル Wnt パスウェイ分析のためのハイスループットアッセイ

30年以上前に、マウス乳癌ウイルス(MMTV)の病理に関係している Lint1 癌原遺伝子として Wnt 遺伝子が発見されてから、Wnt の発現とシグナル伝達は、胚発生、細胞増殖、骨・グルコース・脂質の代謝などを調節する重要な構成因子であることが同定されてきました。Wnt の発現、表面レセプター、シグナルパートナー(β-カテニン、GSK-3βなど)および Wnt が調節する一連の遺伝子に混乱が生じると、臨床的に関連する様々な病状が現れることが知られています(癌、骨粗鬆症、心血管疾患、糖尿病、神経変性など)。

カノニカルWntパスウェイ分析のためのハイスループットアッセイ

シグナルの異常を補償するために、サーモスタットのダイアルのように、Wnt シグナルを上下に調節させるという概念は、治療法を開発するための魅力的なアプローチです。そのような治療法の計画及び実行は、薬剤及び投与計画を注意深く合理化し、Wnt シグナルが正常の生理点を超えて望ましくない副作用を引き起こさないよう、適正な範囲で活性化又は阻害させる必要があります。

 

関連商品

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Wnt パスウェイ関連」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO