商品情報

研究用

生きた細胞の核小体を染色、動態変化を観察可能Nucleolar-ID® Green 検出キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nucleolar-ID® Green 検出キットは生細胞内の核小体を染色し、動的変化を観察できます。

使用目的

  • Nucleolar-ID® Green 検出キットは生細胞内の核小体を染色し、動的変化を観察できます。
  • 本キットに含まれる検出試薬は光スペクトルのTexas Redの領域では共に発光することはありません。従って、赤色の核染色試薬と組み合わせて、核内のDNAの機構に関わるオルガネラの動的変化を解析できます。
  • キットには Actinomycin D が含まれ、核小体の動的変化をモニターすることができます。

特長

  • 生細胞内の核小体を観察できる
  • Nuclear-ID® Red DNA Stain を含む一般的な核の対比染色と適合
  • 優れた耐光退色、耐光変化
  • 核小体摂動薬で処理したときの適切な応答を確認済み

構成内容

  • Nucleolar-ID® Green 検出試薬
  • Actinomycin D コントロール
  • アッセイバッファー

その他

検出波長: Nucleolar-ID®(緑) Ex/Em:450nm/481nm

アプリケーション例

Nucleolar-ID Green を用いてU20S細胞を染色
図1.Nucleolar-ID® Green を用いてU20S細胞を染色。
Nuclear-ID® Red(赤)、Draq5™(B)、Vybrant® DyeCycle™ Ruby(C)、Hoechst 33342(D)で対比染色した。各対比染色した核に対して核小体は緑色構造が見られた。

Nucleolar-ID Greenで染色した細胞はパネルAで見られるように、核小体内の強い蛍光シグナルを示し、また細胞質や核への弱い蛍光も示した
図2.Nucleolar-ID® Green で染色した細胞はパネルAで見られるように、核小体内の強い蛍光シグナルを示し、また細胞質や核への弱い蛍光も示した。
少量の Actinomycin D で細胞を処理すると、パネルBに示すように核小体の染色が弱くなった。Nuclear-ID® Red による対比染色により、細胞質内の弱い染色と比較して核小体の染色が強調された。

Nucleolar-ID® Green 検出キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
NUCLEOLAR-ID(R) Green detection kit詳細データ ENZ ENZ-51009-500 1 KIT
[500 assays]
¥34,000

【関連商品】

製品使用文献

  1. A physical sciences network characterization of non-tumorigenic and metastatic cells: P. Network, et al.; Sci. Rep. 3, 1449 (2013), Abstract; 外部リンクFull Text 外部リンク
  2. Labeling of polyethylenimine with fluorescent dye to image nucleus, nucleolus, and chromosomes in digitonin-permeabilized HeLa cells: M. Saito, et al.; Biosci. Biotechnol. Biochem. 76, 1777 (2012), Abstract; 外部リンク
  3. Mismatch in mechanical and adhesive properties induces pulsating cancer cell migration in epithelial monolayer: M.H. Lee, et al.; Biophys. J. 102, 2731 (2012), Abstract; 外部リンクFull Text 外部リンク
  4. AFM stiffness nanotomography of normal, metaplastic and dysplastic human esophageal cells: A. Fuhrmann, et al.; Phys. Biol. 8, 015007 (2011), Application(s): Fluorescence lifetime imaging of normal and dysplasic esophageal cells, Abstract; 外部リンクFull Text 外部リンク

参考文献

  1. Nucleolus: the fascinating nuclear body: V. Sirri, et al.; Histochem. Cell. Biol. 129, 13 (2008), Abstract;外部リンク
  2. Regulators of nucleolar functions: D. Hernandez-Verdun & P. Roussel; Prog. Cell Cycle Res. 5, 301 (2003), Abstract;外部リンク
  3. Immunocytochemical localization of nucleophosmin and RH-II/Gu protein in nucleoli of HeLa cells after treatment with actinomycin D: K. Smetana, et al.; Acta Histochem. 103, 325 (2001), Abstract;外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO