商品情報

研究用

生細胞の核小体と核を同時染色TOTAL-NUCLEAR-ID® green/red nucleolar/nuclear 検出キット

このエントリーをはてなブックマークに追加

TOTAL-NUCLEAR-ID® green/red nucleolar/nuclear 検出キットは、生細胞の核小体と核を同時に染色することが可能です。

使用目的

  • TOTAL-NUCLEAR-ID® green/red nucleolar/nuclear 検出キットは、2つの独自技術に基づく染色試薬が入っており、生きた細胞の核小体と核を同時染色、観察できます。
  • Nuclear-ID® Green 検出試薬は、光スペクトルの Texas Red の領域では共に発光しないので、赤色や橙色色素とマルチプレックス染色が可能です。
  • キットには Actinomycin D が含まれ、核小体の動的変化をモニターすることができます。

特長

  • 生細胞の核小体と核を同時染色可能
  • 優れた耐光退色、濃度消光
  • 核小体の薬剤誘導変化をモニターできる
  • マルチプレックス染色

構成内容

  • NUCLEOLAR-ID® Green 検出試薬
  • NUCLEOLAR-ID® Red 検出試薬
  • Actinomycin D コントロール
  • 10X アッセイバッファー

その他

検出波長:
NUCLEOLAR-ID®(赤) Ex/Em:568nm/637nm
NUCLEOLAR-ID®(緑) Ex/Em:450nm/481nm

アプリケーション例

本キットを用いてU2OS細胞(A)とHeLa細胞(B)を染色
図1.本キットを用いてU2OS細胞(A)とHeLa細胞(B)を染色した。
お互いのスペクトルオーバーラップは最小、高いシグナル強度および低退色を示した。緑色蛍光は核小体内の最大の蛍光シグナルを示し、核内にも弱い蛍光を示した。また細胞質にも弱い蛍光が見られた。赤色蛍光は細胞核のDNAを最大に染色した。ほ乳類細胞の核小体の数は異なり、核小体のサイズもまた異なる。

核小体と核の3Dイメージ
図2.核小体と核の3Dイメージ。
この3Dイメージは structured illumination method を用いて作成した。Carl Zeiss社の ApoTome を使用している。

TOTAL-NUCLEAR-ID® green/red nucleolar/nuclear 検出キット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
TOTAL-NUCLEAR-ID(R) green/red nucleolar/nucleardetection kit詳細データ ENZ ENZ-51006-500 1 KIT
[500 assays]
¥47,000

【関連商品】

製品使用文献

  1. Small-molecule multi-targeted kinase inhibitor RGB-286638 triggers P53-dependent and -independent anti-multiple myeloma activity through inhibition of transcriptional CDKs: D. Cirstea, et al.; Leukemia 27, 2366 (2013), Application(s): Nucleolar segregation analysis by immunofluorescence, Abstract;外部リンク
  2. Mismatch in mechanical and adhesive properties induces pulsating cancer cell migration in epithelial monolayer: M.H. Lee, et al.; Biophys. J. 102, 2731 (2012), Application(s): Detection of nuclei and nucleoli in breast cell lines using fluorescence microscopy, Abstract;外部リンク Full Text 外部リンク
  3. AFM stiffness nanotomography of normal, metaplastic and dysplastic human esophageal cells: A. Fuhrmann, et al.; Phys. Biol. 8, 015007 (2011), Application(s): Fluorescence lifetime imaging of normal and dysplasic esophageal cells, Abstract; 外部リンクFull Text 外部リンク
  4. Strategies of actin reorganisation in plant cells: A.P. Smertenko, et al.; J. Cell Sci. 123, 3019 (2010), Application(s): Staining of plant cells, Abstract;外部リンク Full Text 外部リンク

参考文献

  1. Nucleolus: the fascinating nuclear body: V. Sirri, et al.; Histochem. Cell. Biol. 129, 13 (2008), Abstract;外部リンク
  2. Regulators of nucleolar functions: D. Hernandez-Verdun & P. Roussel; Prog. Cell Cycle Res. 5, 301 (2003), Abstract;外部リンク
  3. Immunocytochemical localization of nucleophosmin and RH-II/Gu protein in nucleoli of HeLa cells after treatment with actinomycin : K. Smetana, et al.; Acta Histochem. 103, 325 (2001), Abstract;外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO