商品情報

研究用

遠心分離によって粒子を回収Lenti-Pac™ レンチウイルス濃縮溶液

このエントリーをはてなブックマークに追加

Lenti-Pac™ レンチウイルス濃縮溶液は、レンチウイルス上清に濃縮溶液を混ぜて遠心分離をするだけで、短時間で簡単にレンチウイルス粒子を濃縮できる商品です。

特長

  • レンチウイルスの回収率:90%以上
  • 力価(転写 Units/f)を10×〜100×に向上させます。
  • 全てのタイプのレンチウイルス粒子に対応可能です。
  • 全行程を3時間以内で行えます。
  • 超遠心は不要です。

製品データ

レンチウイルス粒子の濃縮
図1 レンチウイルス粒子の濃縮
本商品を用いて、GFPを発現したレンチウイルス粒子(2x107 TU/ml)を10倍濃縮した。濃縮したレンチウイルス粒子をH1299細胞に形質導入し(24ウェルプレート)、48時間後に蛍光画像を確認した。
A:クルードなレンチウイルス(0.2µl )、
B:濃縮したレンチウイルス(0.02µl 、濃縮液を加えて4時間インキュベーションした後に、遠心分離を行った)
C:濃縮したレンチウイルス(0.02µl 、濃縮液を加えて16時間インキュベーションした後に、遠心分離を行った)

【関連商品】 レンチウイルス粒子受託作製サービス

ジーンコピア社では、お好みの遺伝子のORF cDNA、shRNA、miRNAプリカーサー、miRNAインヒビターコンストラクトをレンチウイルスにパッケージングして、レンチウイルス粒子商品としてお届け致します。
下記情報と併せて、jutaku_gr@cosmobio.co.jp までご照会ください。

  1. 種類:ORF cDNA、shRNA、miRNAプリカーサー、miRNAインヒビター
  2. 目的遺伝子またはmiRNA のaccession number、gene ID、gene symbol
    ※ 目的遺伝子にスプライシングバリアントが存在する場合、目的のアイソフォームに対するaccession number もお知らせください。
  3. 種:ヒト、マウス、ラット、その他
  4. 力価:Crude(>107copies/ml )、Purified(>109copies/ml )
  5. 必要量:100µl (精製品のみ)、200µl 、1ml、その他

Lenti-Pac™ レンチウイルス濃縮溶液

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Lenti-PacTM Lentivirus Concentration Solution詳細データ GCP LT007 50 ML
¥32,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Lenti-Pac™ レンチウイルス濃縮溶液」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO