• ホーム
  • 商品情報
  • HyStem®-HP チオール修飾ヒアルロン酸, ゼラチン, ヘパリン ハイドロゲルキット

商品情報

記事ID : 41861
研究用

成長因子存在下での細胞培養にHyStem®-HP チオール修飾ヒアルロン酸, ゼラチン, ヘパリン ハイドロゲルキット

このエントリーをはてなブックマークに追加

ADM_GS314_01.jpg

HyStem®-HPハイドロゲルは、完全に化学的に定義されており、成長因子をゆっくりと継続的に放出することが望ましい微小環境を再現するような細胞アプリケーションに最適です。HyStem-HPハイドロゲルキットは、チオール修飾HAとチオール修飾ヘパリン(Heprasil®)、チオール修飾変性コラーゲン(Gelin-S)、チオール反応性架橋剤PEGDA(Extralink)の組み合わせで構成されています。

HyStem-HPハイドロゲル中に固定化されたヘパリンは、細胞外マトリックスに通常存在するヘパリン硫酸プロテオグリカンを模倣します。ヘパリンはタンパク質とイオン結合を形成し、タンパク質分解からタンパク質を保護し、細胞培養液中へのゆっくりとした放出を促進します。これにより、成長因子を培地に直接添加した場合と比較して、細胞の増殖や分化を引き起こすのに必要な成長因子の量を大幅に減らすことができます。

特長

  • ゲル化の前に成長因子をハイドロゲルに混ぜることで、成長因子を放出するデポを作ることが可能
  • ハイドロゲルは、動物への移植(血管新生の応用、細胞や薬剤のデリバリーなど)、成長因子の存在下での初代細胞、幹細胞、細胞株の培養に最適
  • 培養フラスコ、6〜384ウェルプレート、組織培養インサートなど、様々なフォーマットに対応
  • 成分の濃度や混合比を操作することで、硬さやゲル化時間を簡便にカスタマイズ可能

ゲル化

再構成されたHyStem-HP成分は、15〜37℃で液体の状態を維持します。ハイドロゲルは、架橋剤であるExtralink® (PEGDA)をHeprasil®(チオール修飾ヒアルロン酸+ヘパリン)とGelin-S®(チオール修飾ゼラチン)の混合物に加えることで形成されます。低温や低pHでの工程はございません。リン酸緩衝生理食塩水(PBS)や細胞培養液で成分を希釈すると、ゲル化の時間が長くなります。

3D Cell Recovery Matrix

細胞の回収が重要なアプリケーションには、代替の架橋剤PEGSSDAがすべてのHyStemハイドロゲルキットで使用できます。この架橋剤は、Extralinkと同様の利点に加え、容易に還元できる内部結合を含むという利点があります。これにより、細胞の生存率に影響を与える可能性のある遅い酵素法の代わりに、RNA分析やフローサイトメトリーなどのアプリケーションのために、ハイドロゲルから単一の細胞やクラスターを迅速かつ容易に回収することができます。

HyStem®-HP チオール修飾ヒアルロン酸, ゼラチン, ヘパリン ハイドロゲルキット

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
HyStem-HP Thiol-Modified Hyaluronic Acid/Heparin Kit, Trial Kit詳細データ ADM GS314 2.5 ML
お問い合わせ
HyStem-HP Thiol-Modified Hyaluronic Acid/Heparin Kit (Bulk Size)詳細データ ADM GS1006 1 KIT
[12.5 mL]
お問い合わせ
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「HyStem®-HP チオール修飾ヒアルロン酸, ゼラチン, ヘパリン ハイドロゲルキット」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO