商品情報

記事ID : 37101
研究用

高純度のヒトIL-22リコンビナントタンパク質ヒト IL-22 リコンビナントタンパク質

このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

インターロイキン(IL-22)は、炎症に対する免疫応答の調節に重要なサイトカインです。
IL-10スーパーファミリーメンバーであり、数々の慢性炎症性疾患において上方制御されています。

特長

  • 高純度のリコンビナントヒトIL-22タンパク質
  • タグのないヒト細胞発現型
  • ELISA直接法、ウェスタンブロット、およびIL-10 Secretion Bioassayに有用
■仕様
提供方法 0.1% ウシ血清アルブミン(BSA)を含むリン酸緩衝食塩水(PBS)
分子サイズ 16.8 kDa
由来 ヒト胎児由来腎臓細胞 (HEK293) で発現させたリコンビナントDNA
純度 SDS-PAGEにより95%より高純度であることを確認
エンドトキシン < 1 EU/µg
生理活性 COLO 205ヒト結腸細胞におけるIL-10誘導性により測定
(Nagalakshmi, M.L. et al., 2004, International Immunopharmacology, 4:679)
別名 IL-TIF, ILTIF, TIFa, IL-D110, zcyto18, TIFIL-23
アクセッション番号 NP_065386.1

試験済みアプリケーション

  • ELISA
  • ウェスタンブロット
  • IL-10 Secretion Bioassay

製品データ

SDS-PAGE結果

図1 PBL社のヒト細胞発現IL-22タンパク質 (品番:11701) 、他社AのHEK発現ヒトIL-22タンパク質、および他社BのE.coli発現ヒトIL-22タンパク質のSDS-PAGE結果

ヒト IL-22

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
IL-22, recombinant, Human, Human詳細データ PBL 11701-1 10 UG
¥31,000
IL-22, recombinant, Human, Human詳細データ PBL 11701-2 50 UG
¥63,000

【関連情報】

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「ヒト IL-22 リコンビナントタンパク質」は、下記のカテゴリーに属しています。

© COSMO BIO