商品情報

記事ID : 35890
研究用

リン酸化されたS202、T205を認識します。ヒトPHF-TAU抗体(AT8), マウスモノクローナル

このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

本抗体はTAUのリン酸化されたS202、およびT205を認識する抗体です。免疫組織化学、ウエスタンブロット、ELISAに使用可能です。

製品仕様

濃度 (品番90206): 100 μg / 0.5mL / vial
(品番90343): 50 μg / 0.5 mL / vial(ビオチン標識されています)
タイプ マウスモノクローナル抗体
溶媒 PBS:滅菌濾過(0.22 μm)され、防腐剤は添加されていません。
作製法 SP2/0(マウスミエローマ)細胞を、部分精製したヒトPHF-TAUで腹腔内免疫したBalb/cマウスの脾臓細胞と融合させています(1,2)。この抗体は無血清培養上清からプロテインA精製されています。

特異性

この抗体はPHF-TAUを認識し、サンドイッチELISAによる測定では、通常のTAUと交差反応しません。
アルカリホスファターゼ処理したPHF-TAUを使用してもシグナルが得られないことから、本抗体はホスファターゼ感受性エピトープに対するものであるということが示されています。
エピトープはリン酸化されたSer202、及びThr205残基を含むことが示されています(4,5,7)

適用

この抗体は免疫組織化学的染色(3)、ウエスタンブロットおよびELISA法に使用できます。

  • 免疫組織化学:5-10 μg / ml(ホルマリン固定パラフィン包埋脳組織)
  • ウエスタンブロット:終濃度20〜60 μg / mlで、50ngのPHF-タウを検出可(SDS変性, β-メルカプトエタノール使用)
  • ELISA:5-10 μg / ml(サンドイッチELISAにおけるPHF-TAUのキャプチャー抗体として)

(注:各値は推奨濃度です。各用途について、用量反応アッセイを実施して使用に最適な濃度を決定ください。)

参考文献
  1. Greenberg SG, Davies P. Proc Natl Acad Sci USA 1990; 87: 5827-31.
  2. Mercken M, et al. Acta Neuropathol 1991; 84: 265- 72. al. Neuron 1989; 3: 519-26.
  3. Braak E, et al. Acta Neuropathol 1994; 87: 554-67.
  4. Goedert M, et al. Proc Natl Acad Sci USA 1993; 90: 5066-70.
  5. Biernat J, et al. EMBO J 1992; 11: 1593-7.
  6. Goedert M, et al. Neuron 1989; 3: 519-26.
  7. Goedert M, et al. Neurosci Lett. 1995; 189:167-9.

ヒトPHF-TAU抗体(AT8), マウスモノクローナル

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Anti PHF-TAU, Human (Mouse) , AT8詳細データ IGT 90206 100 UG
¥120,000
Anti PHF-TAU, Human (Mouse) Biotin, AT8詳細データ IGT 90343 50 UG
¥111,000

関連商品

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Tau Aggregation Assay Kit詳細データ CSR TAU01 1 KIT
¥70,000
4R-Tau(P301L) Fibrils詳細データ CSR TAU02 100 UL
¥40,000
Anti 4R-tau, Human (Rabbit) Unlabeled詳細データ CAC TIP-4RT-P01 50 UL
¥50,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品検索

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO